スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愚痴だらけです

05-06,2011

【5/5に見なかった子】ニノ、オト
【5/6に見なかった子】なし

長時間いると空き地グループも駐輪場グループも常連は全員見かけるようになったので、
備忘録の表記を変えました。

昨日も朝から張り込みをしてました。結局は間に合わなかったんですが…。
ブログも書いていたんですが、2時前になった時点で途中で諦めました(笑)。
金曜は5時過ぎ起きで週で一番早いんですよねー。

昨日の日記は、サっちゃん一家が窓から顔を出してた時に、
顔が縦並びになっていてものすごくかわいかったこととか、

お湯でふやかしてもいい子猫用のドライを買ってきて
(子猫用のミルクがあれば欲しかったけれど売ってなかった)
釣り竿にガムテでくっつけた紙皿にのせたものの、
途中で道にぶちまけちゃって泣く泣く一粒ずつ拾ったこととか、

仕方ないのでエサやりさん宅のチャイムを鳴らしてちくわを持ってきてもらって、
ふやかした子猫用のドライフードを詰めてサっちゃんにあげたら
まず自分が食べちゃったこととか(後でちゃんと子猫にも持っていってたけど・笑)、
エサやりさんにもドライフードを渡し、同じようにやってもらえるようお願いしたこととか、

猫好きで賢そうな小学校高学年らしき男子2人組
(以前2度ほどDSで猫たちの写真を撮ってるの発見)と話したこととか、

ぼたんとくーが比較的大きく車の通行も多い道路を渡ったところまで
行くようになって心配になったこととか書いてました。

今日も仕事から帰って17時半くらいに空き地前に行ったのですが、
エサやりさんの玄関横のスペースに置かせてもらってたキャリーが2台、家の前に移動してました。
嫌な予感はしたんですが、ご飯をあげてると家の中からエサやりさんが出てきて、
案の定「あれを持って帰ってくれ」と言われました。
旦那さんからの指示らしいんですが、「もうあの中には猫は入っていないから」とのことでしたが、
マオちゃんが夜中から朝方にかけてキャリーの中で寝てたと言ってたのはエサやりさんだし、
(ツイッターではつぶやいたけれど、日記には書き忘れてた)
ぼたんとくーは家の中に入れてもらえなくなってからそこで寝てると言ってたのもエサやりさん。
やよいはキャリーのヘビーユーザーで行くと大抵その中で寝てる。

キャリーを置くようになったきっかけは、パンダちゃんが怪我した時にいただいたアドバイスからなんですが、
(あ、パンダちゃんは元気にしてます)
空き地グループのお宅のところにも置かせてもらうことにしました。
にゃん達が寝床にしてくれたらと考えたのははもちろんだったんですが、
キャリーに慣れてくれたら後々通院する時も比較的楽だし、
(まぁ、マー君はちょっとてこずったこともあったけど。)
身体の弱ってる子は中で寝ることが多いと教えてもらったので、
体調のバロメータ代わりにも使えたらと思ったんです。
(実際マオは使ってたわけだし)

まぁ、要するにエサやりさんが言いたいのは、
「キャリーは邪魔」ってことなんですが…。

猫トイレの再設置も嫌がってるのはこっちも何となくわかるし(イーモンは使ってたのに…)、
せめて1台だけでもとお願いしたものの、あっけなく断られました。

長々と書いたけれどキャリーの撤去はまぁ仕方ないとしても、
(置かせてもらってるのに撤去を不満に思う私の方が悪いのかも…とも思ってます)
“それはないだろう”と思ったのが、今日もやって来た小学生男子2人組とのやりとり。
この子たちには、私がこの猫たちの世話をしていることを説明していたので、
今日はここまで遊びに来たんだと思います。
2人とも猫が大好きなんだけど、ペット禁止のところに住んでるので
飼いたくても飼えないと言ってるのに、
「ほら、どれでも好きなん持っていき~」と何度も言うエサやりさん。
お菓子じゃないんだからさ…。
知らない人間(しかも子供)が現れてニャンたちは警戒してるのに、
子供達のほうに無理矢理連れて行って触らせようとするしさー。
子供が無暗に手を出して怪我したらどうすんの…。
万一酷い怪我でもして、親が出てくるようなことになったら、一番損をするのはニャン達なんだからさー。
猫たちが警戒してしまって満足に様子も見れない上に、
魅惑の猫たちに目を奪われてる(笑)子供にも気を配って声をかけたり、ほんと大変だった。

もし、この子たちが家にどの猫か連れて帰って、お母さんにたっぷり怒られて、
返しに来るか、もしくは最悪どこかに捨てに行くようなことになったら、
どうするつもりだったんだろう…。
なんでそう簡単に「好きなのを持っていけ」なんて言えるんだろう…。

先日書いた猫よけグッズの一つである砂のことなんですが、
砂を撒いてるところをエサやりさんが目撃したらしいんです。
あれは毒じゃないかと思ったエサやりさんが、
「生きてるものに対してあんなことをするのが信じられない」と言っていましたが、
その時内心私は“そんなことを言える立場かな”と思ったのです。
エサをあげてた野良猫を妊娠したからという理由で捨てたりとか
(その猫以外にも、やよいもぼたんもくーも1度は捨ててるらしい。この3匹は自力で戻ってきた。)
保健所に連れてったりとかしてたらしいのにさー。

話していて感じていたことなんですが、猫たちのことは途中から他人事になっていて
旦那さんは昨日か一昨日か「よく毎日頑張るねぇ」なんて声を掛けてきました。
仕事もリタイアしていて車も持ってるんだから、病院へ車を出してくれたら助かるのに、
タクシーを呼んでたら「金持ちやなぁ」とか「えらい豪勢やなぁ」とか言われたこともあります。
私が車を運転できないからっていうのは何回か話をしたやんか!
奥さんの方も、私があれこれ頼みごとをするのを面倒がってる気がします。
(子猫用のフードも件も「ふやかしたものを入れたやつは親が食べちゃたから」というので
やめたみたいです。母猫も食べてしまうけれど、必ず子猫用のは中に詰めてほしいとお願いしたんだけど)

地域の中で実は一番困った人がこのエサやりさんご夫婦なのです。
猫のことをかわいがってんのか、そうじゃないのかよくわからない。
いや、自分たちの都合良いようにかわいがりたいんだろうね。
増えて困ってるなぁ捨てたいなぁと思ってる所に、うまいこと私が現れて、
「この人がなんとかするだろう」と考えてるような感じがします。

まぁ、どこの地域にも困ったエサやりさんはいるんでしょうね…。
猫嫌いの人・動物嫌いの人より対応が難しいです。

あ、そうそう、レオンが発情しました(苦笑)。
近辺に相手がいなさそうなのでサっちゃんを狙ってます。
(空き地の未手術のメスは娘のマオとサっちゃんだけ)
サっちゃん、絶賛拒否中。
イーモンとぶつかることが多そうだー…。

というわけで、マオだけじゃなく、レオンも早急に対処しないといけません。
朝か夜に捕まるかな…。
どこかで2世が産まれるようになったら困るしなぁ…。
スポンサーサイト

COMMENT

愚痴大歓迎ですよ~♪

活動していて一番やっかいなのは、こーゆー方々です。
気分次第で対応が違うのもさながら、動物に対する意識が中途半端で残酷なのが特徴です。

相手にしない&あてにしないのも良いのですが、巻き込んでおいて「そんな酷い事をする人とは思わなかった」と伝えるのも中々効きます(笑)
2011/05/07(土) 02:31:04 |URL|赤ツナギ #- [EDIT]
いやーこりゃ腹立って当たり前だよね…
ほんと気分次第なんだね、
自分が好きなようにかわいがってる(つもり)範囲なら
いいけどあれこれ指示されたりするのは嫌なんだろうね。
がっくりくるねー…おつかれさまです…
2011/05/07(土) 12:27:21 |URL|okusan0817 #- [EDIT]
ほんとコロコロ変わって大変です。
特殊なのかと思ってたら、こういう人ってたくさんいるんですねぇ…。

しかし、高度なテクですね(笑)。
今度使ってみようかな…うまく使えるかなぁ。
2011/05/08(日) 03:35:20 |URL|カワタ #- [EDIT]
腹立つでしょ~。
疲れがたまってるところに、この対応はかなりの衝撃でした。
この2ヶ月の間一体何を見てきたんだろうと思うと、がっくりですよ。
2011/05/08(日) 03:39:37 |URL|カワタ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。