スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

町内会その後のその後

04-19,2012

今日も携帯からです。

町内会会長さんが猫嫌いのSさんのままであること、Sさんと親しい老人会の副会長さんに「強制的に集金しに来た」という誤解があったこと、それをお詫びする文書をポスティングしたこと、I女史は「この会長と社会福祉協議会の両輪で攻める」という考えであることまでは書いたかと思います。
それ以後どうなってるかなんですが。

ポスティングの際に去年カンパを手伝ってくれたTさんに事情を説明しに行きました。
会長は変わらないみたいですよ、とTさんに話したらこれまたビックリしてました。
たぶんこういうことじゃないかしら…とTさんの推測なんですが。

I女史の話を聞いてくれたKさんはとある政党を支持しています。
で、引き続き役員を務める人がその政党が大っ嫌いでKさんと反が合わない。
だから、今年は会長職を見送ることにしたのでは…とのこと。

…人間関係ってめんどくさいですね。

それはそうと、社会福祉協議会の会長のRさんを知るCONの会員さんがいたそうです。
で、Rさんがその会員さんに頼んでメス猫を1匹手術してもらったそうで。
だからI女史は「きっとこのRさんからは判子もらえるやろう」と踏んでるみたいです。

で、交渉自体はそこで止まってます。
Rさんに私のことは伏せて合意書を取りに行くか、それとも「Sさんから合意が取れないからRさんにお願いしに来ました」と打ち明けるか。
後者のケースだと、「Sさんが反対してるんならダメ」と言われる可能性もあります。
前者だと、確かに助成金の申請はできるし何丁目の猫だとか考えなくて済みますが、私が欲しい地域の合意とちょっと違います…。
Rさんが野良猫問題に積極的に取り組んでくれて、もしかしたら、私が住む3丁目だけでなく1丁目から4丁目までを含む町内全体の活動になっていく可能性もないわけではないとは思っています。

でも、Rさんにそこまでは期待できないかなと思っています。
というのも、野良猫を地域の問題だと考えてくれる人ならば、市が野良猫の不妊手術を推奨してることや、実際にそのために動いているボランティア団体があることを告知してくれてるのではないかと思います。
いつのことかはわかりませんが、野良猫の手術を実際に行ったのなら特に。
それに、ブログにも載せた「野良猫やスズメにエサをやるな」というポスターは社会福祉協議会が出しています。

実際にRさんと交渉したわけではないですから、私の勝手な思い込みという可能性もあります。
もしかしたら、前向きに取り組みたくても色んな柵で行動できないのかもしれませんし。

とりあえずCONに間に入ってもらってわかったのはここまでです。

さて、どうしたもんでしょう?


ああ、あとね、ポスティング前にTさんに「少し前にあの辺りでたくさん知らない猫(←ブログに書いたことあります)を見たんですけど何かご存知ですか?」と聞きました。

そしたら「私はよく知らないけど、たぶんあの家の○○さんなら知ってると思うわー。『空き地の猫が少なくなって嬉しいわぁ。ここも猫が増えてるからやって欲しいわ』って言ってたから」だそうです。

なんだかなぁ。
ガレージに来てる猫もそこの一部だと思ってるんですけどね。
空き地の猫が減ったのは保護して里親募集してくれてる人がいることと、行方不明になった猫がいるからであって…。
TNRは「新たに産まれる猫を増やさない」だけであって「猫を減らす」ことではないですよね。
もちろん保護できるなら全員したいですよ。
それができたら私が今悩んでることの半分はなくなるでしょう。
いや、そんなことじゃなくて。
少なくともTNRがいいと思ったのならば「あそこにいる猫も手術したいんやけど手伝ってくれる?」と言って欲しいのです。
そしたら喜んで手伝いますよ。

猫がいるなら気になりますよ。
でも、私が費やせるお金も時間も無限にあるわけじゃないのですよ。

あー愚痴がとまらない…。
何か妙な時間にブログを更新してますが、本来は外猫の世話をしてる時間なんです。
でも、隣の家が数日前からガレージのリフォーム工事かなんかしてましてね。 昨夏に小火を出した家の工事が終わったと思ったら…また。
ちなみにその2軒の家は家族です。

音がガンガン鳴ってるので猫たちが来ません…。
二ノが2日前から姿を見せてなくて心配です…。
スポンサーサイト

COMMENT

こんばんは、以前一度だけコメントさせていただきました。
私も現在、1人で地域のTNR中でして、自治会議に参加したり近所の方とお話したりしています。

私も、外猫全て保護できるならしたいです。
でも出来なくて悔しいです。
外猫達が悪者になっている現状が悲しいです。

今日も1人、猫を追っかけ回している年配の男性がいたので声をかけました。
猫は目の敵だと仰いました。
これ以上増やさない為に手術していますから、とお伝えしましたが、「その手術の効果が出るのは何十年も先だろ」と冷たくあしらわれてしまいました。

辛い事、しんどい事、たくさんありますね。
でも辞めるわけにはいかないので、私も頑張ります。

すっごく応援しています、お互い頑張りましょうね。
2012/04/25(水) 22:16:27 |URL|幸猫屋 #CjR4k1/2 [EDIT]
幸猫屋さん
もちろん幸猫屋さんのことは覚えていますよ!
早速ブログにお邪魔してきました。
精力的に活動されていて、見習わなければと思いました。

声を掛けるのはすごく勇気がいったでしょう…頭が下がります。
その虐待男性の言い分と似たようなことはよく聞きます。
「手術したのにまだ猫がいる!」ということも言われます。
手術したからいなくなる訳じゃないのにね…。

できるものなら、みんな保護したいですよね…。
辛いことが本当に多いですが、負けないようにしましょうね。
2012/04/26(木) 16:19:51 |URL|カワタ ユウコ #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。