スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腫瘍の可能性

12-02,2011

シロの口腔内に腫瘍ができてるかもしれないとのことです。

先日は抜けかけの歯からの出血によりわからなかったんですが、
歯が抜けた側の歯茎の部分にしこりがありました。
頭部レントゲンを撮ったところ、下顎の骨の一部が溶けて歪んでいました。
家にやってきた時から口元は歪んでいたし抜けた歯の影響もあって、
そのせいだろうと思っていたのですが、まさか溶けていたなんて。

酷い歯肉炎だとそういうこともあるみたいですが、おそらく腫瘍ではないかと。

スタンプ検査では腫瘍かどうかまではわからなかったので、
麻酔をかけて一部切除し生検しないといけません。

猫の口腔内の癌で多いのが扁平上皮がんというものらしいです。
ネットで調べたら下顎が溶解するとか…。
先生も「外科的治療が難しくたとえ手術で摘出したとしてもすぐに再発してしまいます」と
仰ってました。
(腫瘍であった場合、もうそれは治療というより緩和ケアや積極的な延命措置と呼ぶものになりそうです)

生検のための処置と同時に喉元から胃へのチューブの挿入を勧められました。
病気が確定するまで待ったり状態が進行し体力がなくなってからでは
麻酔をかけての処置はリスクが大きすぎるので、
現時点で口から食べることができなくなった時の保険をかけておくことが必要だと。

聞いた時は衝撃を受けましたが、私は賛成です。
高栄養の食べ物や薬やサプリなどをきちんと体の中に送り届ける手段があるということはやはり安心です。
(ネットで調べてみると、シリンジで流動食を流した場合、
空気が入って嘔吐したりすることもあるみたいですが…)
(ちなみに、必要がなくなってチューブを抜く時はものすごく簡単みたいで、
穴も普通の傷口のように治療してあげればふさがるとのこと)

このチューブ挿入を母が反対。
「かわいそう」「まだ何とか口で食べてるからいい」「どうせ長くは生きられへんねん」と言ってます。
食べられなくなったらどうするの?顎が骨折してるのと一緒なんだよ?
お腹が空いてるのに食べられなくなって痩せて死ぬのはかわいそうじゃないの?
痛がってどうしようもなくなったら安楽死でもさせるの?

必要に迫られてからじゃ遅いんだって。

体への負担がゼロじゃないことは確かです。
ストレスがかかるかもしれません。
でも、シロが感じている痛みを緩和したりQOLを高めることもできるんじゃないかとも思っています。

シロは口が痛いの以外は元気です。
腹水は溜まってるけど、階段の上り下りは問題ありません。
ご飯を食べたいのにほとんど食べられなくて、少し痩せました。

腹水とAPTTの異常(血が止まるのにものすごく時間がかかる)との関係はまだわかっていません。



扁平上皮がん、原因のひとつが煙草の煙と考えられてるみたいです。
シロがものすごく煙草臭いので、この腫瘍である可能性は高いと思ってます。
うちの母、信じられないくらいキツイ煙草を吸ってます。
心臓悪いのにアホちゃうか。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。