スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいことと気になること

03-29,2011

この前「公園ねこ適正管理推進サポーター制度」の説明会に参加した時、
“あ、これは私も使えるな”と思ったのがひとつあります。

それは腕章。

すぐに私だと認識してもらえるアイテムがあったらいいなぁと思ってたんです。

以前チラシ配りの時も猫たちの様子を見に行く時も捕獲器を持っていってたことがあったんですが、
捕獲器を持ってる私の姿はチラシを見たことあるのなら
「野良猫のことで何かやってるのはこの人か」とすぐわかってくれたし、
初めてチラシを渡す人に対して捕獲器はものすごく説得力があったんです。
けれど、使わない時も持って歩くのはちょっと重いなぁ…と結局は断念。

それに比べれば、腕章なら楽やーーん!
ポスティングもなかなか範囲を広げて出来ないし、
私のことを知らない人でも、腕章をつけてる人間が猫と遊んでたり写真を撮ったりしてるのも
何かの活動の一種だろうと思ってくれるはず、うまくすれば向こうから話しかけてくれるかも!

ということで、今日は腕章を買いにホームセンターに行ってきました。

それをつけてパンダ親子(正確には息子たちだけ)としばらく遊んだり写真撮ったりしてたら、
猫嫌いのお家のチャイムを鳴らす人あり。どうもこれから一緒にお出かけするようだ。
出てくるのを待ってる間おばちゃんが「あらー写真撮ってんの?」なんて話しかけてくれるので
「里親募集ポスター用に撮ってるんですよー」なんて話をしながら、
この子たちは手術したこと、その証拠に耳(横)がカットされてることもさりげなく説明。
そうこうしてるうちに猫嫌いの奥さんが家から登場。
「ここの子ら手術してるんやってなぁ。なんか耳のとこが」とおばちゃんが話し始めると
奥さんが「ああ、耳カットやろ?」なんて答えてるじゃーありませんか!
おお!ちゃんと読んでくれてる!

「お腹に赤ちゃんがいた母猫も手術しましたよ」と奥さんに話しかけると
「ああ、なんかスリムになったなぁって言ってたんやー、増えんでよかったわー」と。
3匹もいたなんて気持ち悪っ!なんて台詞には内心傷つきましたけどね(苦笑)。
でも、前回初めて話した時と比べると割と好意的に見てくれてるみたいなのはいいことだ。
その奥さんは猫だけじゃなくて動物全般が嫌いで、
もともとは小さいころ鶏につっつかれて転んで頭を怪我したことから嫌いになったそう。
こういうちゃんとした会話ができたことに感動した(笑)。

あ、前回書いたモヤモヤすることというのは、
空き地グループのエサやりさんとのやりとりのことだったんです。
三毛ニャンの一時保護と絶食をお願いした人と同じ。
猫のトイレの話をしていたら、ニャンコ達がやってきたので
「この子(第1号の黒猫)とあの子(第2号のキジ?猫)は確か飼うんでしたっけ?」
と確認として聞いたら奥さんが「いや、この子(黒猫)だけにしようかと思って」と。
あららー前に聞いた話と違うなぁなんて思っていると旦那さん登場。
以下3人の会話

旦「なんとかセンターで里親のんもやってるみたいやってな?」
私「ああ、愛護センターのことですね。そういうこともしてくれてるみたいですね。」
旦「犬が欲しい思てんねん」
奥「そうそう」
私「あーそういえば昔は犬も飼ってたって奥さんから聞きました~」
旦「この猫らを全部センターに持ってって、代わりに犬もらわれへんかな」
…え?

話の流れからして「持っていく」というのは「里親募集登録する」という解釈でいいんでしょうが、
ここのご夫婦は、自分たちは猫好きで野良猫がかわいそうだと言いつつも
「子猫をビニール袋とか段ボールに入れて捨てたことがある」とか
「お腹の大きな猫を遠くまで連れて行って捨てたんやけど、戻ってきてしまって大弱りやった」
(遠いところというのは他のエサやりさんがいそうなところらしいですが)とか、言ってたことがあるので、で「センターに持っていく」を「処分する」ということではないかと思ってしまったりするんです。
今でもそういう感覚のままの発言を時々しはるので。
3匹もお腹の大きな猫たちのことも捨てるか処分するかを考えてたみたいですし…。

その後の会話は「全部いらないなんて言ったら、ちょっとかわいそうですよー」なんて言って
明るく終わらせたような気が。

カンパもしてくれているし猫たちにご飯はあげているし、
地域猫として活動するにはここのご夫婦の協力は欠かせないので、
少しずつそういうところも改めてもらえたらと思ってるんですが、
もし黒猫がここの家の子になっても幸せにやっていけるのかなと
ちょっと(いやかなり)不安になりました。
結局ほぼ外にいる猫になりそうですし。
野良猫の寿命の話をした時も「あら、そんなもんなんや、ほっとするわ」って言ってはったし。
なんとなく動物病院には行ったことがないような気がします。
確認したわけじゃないので決めつけはよくないんですが。

このご夫婦のことはこれからもっとよく知っていかないといけないなぁと。
里親さんになるのでしたら特に。
猫のトイレとかほんと初めて見たって感じだったもんなぁ。

まぁでも私も猫のことに関して知らないこともあるので、偉そうなことは言えないんですけどね。
ふぅ。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。