スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Somebody help me…

09-01,2011

今日ガレージに来たのは、パンダちゃん、ニノ、オト、ガイ、ウィル、仔猫1匹。
家まで来れなかった仔猫がずーーーっと鳴いてました。
ごめん…ごめん…。

私が迎えに行くと、ご近所連中が集まって何やら話してました。
どうせ猫たちのことだろうけど。
迎えに何度も行ったり来たりする私と猫たちをじっと見てきました。
エサをあげてるから離れないんだエサは2度とやるなと言ってきそうな気がします。
ものすごい袋小路に入ってしまった感じがします。

愛護センターが間に入ってくれるのは来週以降になるとのこと。
その時まで状況が悪くならなきゃいいけど。
間に入ってくれたからといって改善されるとは限らないんですけどね。
悲観的なことしか考えられない…。

…今これを書きながら考え始めたことがあります。

今度こそどうにか親を説得してせめて1ヶ月パンダちゃん一家とガイを家で保護すること。
(サっちゃんとこの3にゃんの時に親に交渉したんですがものすごく拒否されました…)
期間を区切れば無理は通しやすい、と教えていただいたからなんですが、
期間が終われば外に戻すなんてことは絶対にしません。そんなことしてたまるか。
1ヶ月必死に里親募集し、それでも行き先が決まらなければ再交渉。
実は自宅以外の候補がもうひとつあって、頼み込めばケージ入りで保護させてくれるかもしれない。
むしろ親より説得できそうな気がするし、期間ももっと余裕が持てそう。
その場合は私が世話しに通うことになるけど、そんなのは全然問題ない大歓迎。
自宅で保護して次にここに引っ越すとか。

パンダちゃんはちょっと繊細な性格なんですが、
ニノ、オト、ガイは抜群に人慣れしてるので最初のハードルはかなり低いと思われます。
ただ、最低でもケージの中に入ってもらわないといけないと思います。
大きくなってるけどほんとに懐っこくてかわいい子達なので、里親さんが見つかる可能性が高い。

「家で飼えるんだったら初めからそうしろよ」という意見があのご近所達から出てきそうだし、
何より保護したら2度と外猫には戻せないし戻すつもりは一切ありませんが、
自宅にしろもうひとつの候補にしろ、将来まではっきりわからない形で保護に乗り出していいのかわかりません。

ただ、物理的に猫の数が減れば、保護できなかった猫が今よりも
過ごしやすくなるかもしれないと思ってしまうのです。

何より交渉してみないとわからないのですが…。
とりあえず、明日話をしてみます。

いつにもまして支離滅裂な文章ですみません。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。