スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い近況報告。

04-19,2015

お久しぶりです!
と、書いてみましたが、果たして誰か見てくれてる人がいるんでしょうか(笑)。
前にとある方に「ブログが止まったままで…」と言われてしまい、更新しないとなぁと思いながらもそからまた数ヵ月。
ほぼ毎日ちゃんと書いてる人はなんて偉いんだろう…。
昔よく見ていたブログがいくつかあったんですけどね。
あまり更新されなくなって、久しぶりにアップされてる!と思ったら「ご無沙汰してます」そしてまた長期の開店休業になり、また更新連絡見て「お久しぶりです」そしてまたそのまま…のセットを何回か繰り返して完全に休止したのがいくつかありまして。
あの時は、ええ~なんだよぉぉと思ったものですが、きっとブログ主さんはこんな感じだったんだろうなぁ。わはは。
まぁ、その方々と違って私のは見てる人がいるのか怪しいブログなんですけどね。はっはっは。

TNRと保護活動は細々と続けてます。
TNRは時期的にどこかから現れる猫とか頼まれた猫とかに行ってますので、TNRよりリリースした猫たちのコントロールがメインになってます。

去年から今年の春ははなかなか厳しいものでした。
1月に空き地組のイーモンがいなくなり、10月にパンダちゃんが数日の行方不明の後に亡くなっているのを発見しました。
2015年の元日からガレージ組のサビ猫のムギちゃんが(ブログでは子猫の時に紹介)行方不明になり、同月上旬にそのきょうだい猫の黒猫(黒にゃーにゃー)もパンダちゃんと同じように数日姿を見せなくなった後に亡骸を発見する、ということがありました。
2匹の亡骸を見る限り、事故ではありませんでした。
毒殺かと考えたりもしたんですが、もしそんなことがあるならもっと猫がたくさんいた時期にされただろうし、私がたくさんご飯をあげてるせいか選り好みをして気にくわないものはほぼ全部残すくらいグルメな子達が妙なものを口にはしないだろうと思っています。
そう思いたいです。

そういうわけで一時期は外で見ていた猫が13~4匹いましたが、今は6~7匹になりました。
うち1匹は他に餌場があるのか時々しか来ません。

保護の方はというと、去年は子猫を3匹保護しました。
5月に2匹。12月に1匹。
6月に相談事で子猫6匹+母猫2匹(母猫たちは飼い猫)というのがあったんですが、日頃からお世話になっているDREAMさん(ブログ内では何度かご紹介)が引き受けてくださいました。
なんともありがたい…。
母猫2匹は避妊して飼い主の元へ、6匹子猫はそれぞれ里親さんのもとで幸せに暮らしています。

私が5月に保護した子猫は1匹は里親さん(かかりつけの動物病院の院長先生の娘さん)のもとで過保護に育てられ(笑)、もう1匹はトライアルに出たものの先住さんと合わずに戻ってきました。
戻ってきてしばらくの後、手術をしたんですが腎臓の数値が高いことがわかり再検査してからまた里親さん探しです。
再検査は年明けに予定してたんですが、ちょっとバタバタしていてまだです。
理由はまた後程。
12月に保護した子猫は来週日曜にトライアルに出ます。

おとな猫も保護しました。
1月に黒にゃーにゃーとムギちゃんのきょうだいの黒猫(チビクロ)が足を怪我してガレージにやってきたんです。
病院に連れて行ったら、かなり酷い怪我でしてその治療の一貫で血液検査をしたところ、FIPかもしれないと言われ。
外で死なせたくはないとベランダにケージを置いて保護。
できるだけのことをしようと連日病院に通いました。
持ち直したと思ったら下痢したり嘔吐したり吐血したり一時期は体重が2.6kgにまで落ちてもうこれは…という状態にまでなったんですが、あれこれした検査で三蔵器炎ということがわかり(FIPではなかった)、今は治療の甲斐あって小康状態です。
体重も4kg近くまで戻りました。
一生付き合っていく病気なのでチビクロは里親募集はしません。

さらに3月にニノさんを保護しました。
ブログに書いたかどうか忘れましたが、ニノさんは2013年の10月から行方不明になってました。
探しても探しても見つからなくてどこかで死んでしまったのかもしれないと思ってました。
それから1年近く経った9月末、行方不明になってたパンダちゃんを探してあちこちの路地を歩いていたら、再会したんです!
一瞬ニノさんは逃げようとしたんですが、名前を繰り返し呼んでたら思い出したらしくゴロゴロ甘えてきました。
それからずっとニノさんにご飯をあげていた人のところに通っていたんですが、3月にニノさんが首に酷い怪我をしていたので(咬み傷)、病院に連れて行ってそのまま保護しました。
や、もともとオトちんやガイくんと一緒に保護したかったんです。
3年半経ってようやく叶いました。

で、白血病キャリアのウィルさんです。
最初は風邪かなと思ったんです。
他の保護猫もくしゃみをしてましたから。
先生と相談しながらサプリを与えたりして。
その頃はチビクロの病院通いに忙しく、ちゃんと見てませんでした。
病院行って注射してもらい、前々から治療中の耳垢も診てもらったりはしてたんですが、やっぱり気持ちはチビクロの方に向いてました。
投薬などしていたんですが、ウィルさんの状態が改善しないなぁと思ってたらある日突然ふらついて。
耳の洗浄を2回したので中耳炎かなと思ったんですが。
そこからは怒涛でした。
耳の奥にしこりが見えるということで、大阪にまでCT撮影と生検しに行き、首もとにリンパ腫があることがわかりました。
その頃には目も見えなくなってました。

先生と相談して抗がん剤治療を開始しました。
旅立ちの瞬間を穏やかにしたい一心で。

この時期はチビクロもまだ一進一退の状態だったので、連日連夜ウィルさんとチビクロを病院に連れて行ってました。
1月から3月までの期間は病院に通ったことしかほぼ記憶にない状態です。
この時期はTwitterで泣き言ばかり呟いていました。

ウィルさんは調子を崩して1ヶ月半(リンパ腫だと判明して1ヶ月後)の3月16日に亡くなりました。
保護して2年でした。
保護前から左右の瞳孔差があったり肝臓の数値が異常に高かったりしていたので、長くないかもしれないと思っていたのに、穏やかな状態が続いていたのですっかり油断していました。
私がもっと気を付けていればよかった。
申し訳ない気持ちでいっぱいです。


保護猫はトータルで7匹います。
オトちん、ガイくん、クロちゃん、チビクロ、ニノさん、子猫2匹(まぁどちらももう大きいけど)。1匹はトライアルに行くのでもうすぐ6匹。
外の子と合わせると13匹いますが、やはり実感としては減りました。
人から見れば多いと感じるかもしれませんが、私としては全然違います。
保護猫が増えたことによる苦労はありますが、それでも違う。
良くも悪くも減っていくのだなと思いました。

ぼやいたり泣き言いったりしながら頑張ってますよ。
ウィルさんが亡くなった時も泣き腫らした目で、気になってた猫を捕まえて手術をしましたから(苦笑)。

里親さんとこに行った子猫のことはまた詳しく書きます~。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。