スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰です

12-28,2011

また間が空いてしまいました。

実は19日にシロが旅立ちました。

シロが死んだ日もそれ以降もエサやりは続けてます。当日含めしばらく何にもしたくはなかったんですが、やっぱり外にいる子はどの子も気になって。
シロに対して何だかすごく薄情なような気もします。
里親さん探しとかもうちょっとしたらまた頑張ります。

行方不明だったウィルが今日戻ってきました。
また別のキジネコも数日前から見かけるようになりました。
スポンサーサイト

癌でした

12-18,2011

木曜日に検査結果が出ました。

扁平上皮癌でした。
口内炎が悪化したからじゃないかとも思ったんですが、そうはいきませんでした。

シロは食べたい気持ちはあるのに、食べることができてません。
食べ始めても顎があんな状態なので口の中にちゃんと入れられないようです。
腫れてるので強制給餌も嫌がります。

明日の午前中に病院に連れて行って、今の状態で出来る給餌の仕方を教えてもらいます。
それと、もう少し話を聞いてきます。


昨日今日とウィルが姿を見せてません。
黒の中猫のどちらかも出てきてないような気がします。
皆一緒に来ることが少ないので暗くなると識別しにくいです。

疲れてるのでこの辺で。

バタバタの日

12-15,2011

午前中というかお昼にお見合いをして(詳細はまた後日)、
フードや猫砂の買い物行って、エサやりして、
ガイ君のワクチンを打ちに行って、
合い間合い間に溜まってる仕事をして(でも終わらない)(というか終わりが見えない)、
ふと気付けばこんな時間。

落ち込んで一時預かり先を探すよりも、
ガイとオトの里親さん探しを頑張るんだ!と思ったのに
全然更新できてません。
近日中になんとかしないと…!

ガイくんです。
ほんとにかわいいのにお見合いではビビっちゃってちょっと損してしまいます。
DSC02300ガイ
DSC02301ガイ
DSC02311ガイ
DSC02334ガイ

一緒にいる時はほとんどずっとくっつきっぱなし。

オトくんです。
大変な経験をしてちょっとだけ大人になりました(笑)。
DSC02322オト
DSC02340オト
DSC02342オト
DSC02308オト

DSC023192匹

この2匹の売り込みにどうかご協力お願いしまーす!
どちらも超いい子です!

パンダちゃん。最近ものすごく甘えん坊になっています。
DSC02353パンダちゃん

シロです。
検査結果はまだ出てません。
肝臓に腫瘍は見受けられないとのこと。
腹水の中にも腫瘍性細胞はなし。
詳しくはまた明日にでも。

こう見ると普通に見えるけど…
DSC02162シロ
DSC02155シロ

口はこうなってます(涙)。
DSC02251シロ
DSC02254シロ



学部から修士まで一緒だった子(途中で専攻変えて他大学の博士課程に行った)が
とある大学の特任準教授になってました。この年で!
ひぃぃぃぃ~!…私なんてしがない非常勤だぜ…。
同じ年に院に入って満期退学した同期の子(こちらも非常勤)と只今メール中(笑)。
まぁとりあえず後期の仕事を頑張らないとね…。
仕事に戻ります。

随分と間が空きましたが。

12-13,2011

えー…何から書けばいいのか。

まず、4日朝に「今から迎えに来て欲しい」とのメールが届いたので
急遽オト君を迎えに行くことになりました。
その2日ほど前から不穏な感じがしていましたので、
思っていたよりショックは受けませんでした。
ただ、残念だなと。
オトは夜鳴きとハンストのせいでちょっと痩せていました。
表情にも疲れが(苦笑)。
環境が変わったから忘れられてるかなとも思ったんですが、
ばっちり覚えててくれてました。よかったー。
よく頑張った!とほめちぎりました(笑)。

まぁ、そこまではよかったんですよ。
帰ってからですわ。
母親との間で修羅場。
色々言われましたが…「シロはあんたのせいで病気になった」
「シロを殺す気か」ってのもあったな。
…母と娘の確執ブログにしようかしら…。

前日に猫(おそらくニノ達)に向かって石を投げてるお爺さんとその孫を見たし、
オトを連れ帰った日も、猫を指さしながらひそひそ話してる奥さん方を見たりで、
なんかもう一気に精神的にやられてしまいました。

絶望的になって一時預かり先のこととか含め相談メールを送ったりもしたんですが、
(人を巻き込む最悪の形…苦笑)
自分の地域猫の進め方をもう一度じっくり考え直さないといけないだろうと。

自分の安心のためにもどの子も保護したいですが、
それはもう宝くじでも当たらない限りは土台からして無理な話。
引っ越しも考えたんですが、今はお金がない。
(外猫にかかる費用とかシロの治療費とか、来年度担当コマ数が減ることとか考えたら…)
たとえ引っ越しはできても生活が維持できるかどうかも問題なので、やっぱりこれは非現実的。
数年後に引っ越しして保護できる状態になってはいるだろうけど、
今はやっぱり外の環境をできるだけよくしていかないといけないわけで…。

仲間を増やすのはやはり必要ですね。
私の隣の人(ガレージ組を蹴散らす猫達がいる家・笑)に手紙でも書いてみようかと思ってます。
野良猫自体を嫌だとは思っていないはず。
空き地の猫にご飯をあげてる時に「この子らの顔が穏やかになったなぁ」と言われたことがあるので。
手伝ってもらうとしたら何をどうお願いしたらいいんだろう。

あと、チラシ配りもしなければ。
最後にポスティングをしたのがたぶん夏くらいだと思うので、
これは放置してるに等しいですね。
「協力のお願いでなくて単なる状況説明でいい」とアドバイスを受けたので
作って配布してみようかと思います。
これは書きいれた方がいいということがあれば、教えてください。

シロのこと含め他にも色々あるんですが、仕事がとんでもなく残っているので今度にします。

とりあえずこれだけ。
木曜にガイのお見合いの予定があったんですが、当日急遽キャンセル。
同じ人と水曜にお見合いします。
それと、昨日パンダちゃんに問い合わせがありました。
保護できていない状況等を伝えたのでおそらく見送る形になると思います。
オトの掲載ページを早まって削除してしまったので(先走りし過ぎ…)作らないといけない…。

オトもガイも私が自分の子にしたいくらい良い子です。
修羅場の後、私がものすごく落ち込んでいた時、
ガイはびっくりするくらい長い間、とても優しい目で私を見つめてきたんです。
その表情に神々しささえ感じてしまった。いや、マジで。

腫瘍の可能性

12-02,2011

シロの口腔内に腫瘍ができてるかもしれないとのことです。

先日は抜けかけの歯からの出血によりわからなかったんですが、
歯が抜けた側の歯茎の部分にしこりがありました。
頭部レントゲンを撮ったところ、下顎の骨の一部が溶けて歪んでいました。
家にやってきた時から口元は歪んでいたし抜けた歯の影響もあって、
そのせいだろうと思っていたのですが、まさか溶けていたなんて。

酷い歯肉炎だとそういうこともあるみたいですが、おそらく腫瘍ではないかと。

スタンプ検査では腫瘍かどうかまではわからなかったので、
麻酔をかけて一部切除し生検しないといけません。

猫の口腔内の癌で多いのが扁平上皮がんというものらしいです。
ネットで調べたら下顎が溶解するとか…。
先生も「外科的治療が難しくたとえ手術で摘出したとしてもすぐに再発してしまいます」と
仰ってました。
(腫瘍であった場合、もうそれは治療というより緩和ケアや積極的な延命措置と呼ぶものになりそうです)

生検のための処置と同時に喉元から胃へのチューブの挿入を勧められました。
病気が確定するまで待ったり状態が進行し体力がなくなってからでは
麻酔をかけての処置はリスクが大きすぎるので、
現時点で口から食べることができなくなった時の保険をかけておくことが必要だと。

聞いた時は衝撃を受けましたが、私は賛成です。
高栄養の食べ物や薬やサプリなどをきちんと体の中に送り届ける手段があるということはやはり安心です。
(ネットで調べてみると、シリンジで流動食を流した場合、
空気が入って嘔吐したりすることもあるみたいですが…)
(ちなみに、必要がなくなってチューブを抜く時はものすごく簡単みたいで、
穴も普通の傷口のように治療してあげればふさがるとのこと)

このチューブ挿入を母が反対。
「かわいそう」「まだ何とか口で食べてるからいい」「どうせ長くは生きられへんねん」と言ってます。
食べられなくなったらどうするの?顎が骨折してるのと一緒なんだよ?
お腹が空いてるのに食べられなくなって痩せて死ぬのはかわいそうじゃないの?
痛がってどうしようもなくなったら安楽死でもさせるの?

必要に迫られてからじゃ遅いんだって。

体への負担がゼロじゃないことは確かです。
ストレスがかかるかもしれません。
でも、シロが感じている痛みを緩和したりQOLを高めることもできるんじゃないかとも思っています。

シロは口が痛いの以外は元気です。
腹水は溜まってるけど、階段の上り下りは問題ありません。
ご飯を食べたいのにほとんど食べられなくて、少し痩せました。

腹水とAPTTの異常(血が止まるのにものすごく時間がかかる)との関係はまだわかっていません。



扁平上皮がん、原因のひとつが煙草の煙と考えられてるみたいです。
シロがものすごく煙草臭いので、この腫瘍である可能性は高いと思ってます。
うちの母、信じられないくらいキツイ煙草を吸ってます。
心臓悪いのにアホちゃうか。

お届け日のオトとその後のガイ

12-01,2011

2日ぶりのエサやり、みんなきちんと姿を見せてくれました。
とりあえず、ほっ。

オトは随分慣れたようです。
遊んで攻撃よりナデナデしてアピールがすごいみたいで。
たくさん構ってもらうんだよ~!

この間のお届けの時の写真。
探検してはベッドの下に行ったりカーテンに隠れたり
私に助けを求めてきたりキャリーに戻ったり。
自主的にキャリーに入るオトを初めて見ました(笑)。
DSC02070オト
DSC02065オト
DSC02071オト
DSC02069オト

里親さんは猫用品を買うのがとても楽しかったそうで、
届いたものを見たら7歳以上用のフードも混じってたんですって(笑)。
ちらりと写ってるロイカナのフードがそれです。

猫砂の中に見える半透明なものはシリカゲルだそうです。
DSC02062里親さんち
口内炎のせいなのかオトはほとんどドライを食べないんですよと
お見合いの日にお伝えしたら、ウェットフードもたくさん買ってくれてました。
ありがたや~。

爪とぎも立派!
DSC02061里親さんち

翌日里親さんから送られてきた写真。
ハンストを終えて初めて膝で甘えた時のもの。
大音量でゴロゴロ言ってるのが聞こえてくるかのよう(笑)。
IMG00019-20111127-1904オト

甘えた度が増したガイ君。
里親さんから「ガイ君へのお土産にどうぞ」といただいたじゃらしが超お気に入り。
DSC02108ガイ
DSC02113ガイ
DSC02115ガイ
寂しいのかものすごく呼び鳴きします。
留守が多い上に保護部屋に隔離状態でごめんよ~!!

足が太くてすいません(笑)。
DSC02038ガイ

DSC02153ガイ

お届けの何日か前。
ちょっかいかけてるのがオト。
DSC019792匹
DSC019802匹
DSC019812匹
ガイにも早く優しい里親さんが現れますように。

ウィルのお腹を触ったら(滅多に触らせてくれない)、
ぼこぼこしたものがありました。
すごく気になってます。
脂肪の塊だといいんだけど…できるだけ早く病院に連れていかなければ…。

明日はシロの病院に行ってきます。
歯が痛くてご飯を食べたくても食べられない状態になってます。
はー心配…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。