スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世紀の瞬間!

09-30,2011

有栖川先生のサイン会に来てます。
とわさんちに保護されてた乳飲み子イクくん、有栖川先生のとこに婿入りしました!

スポンサーサイト

怒涛

09-29,2011

書きたいことがそれはもうたくさんあるんですが、
仕事がたんまり残ってるし、昨日からの疲れがどどっと出てきてるので明日にします。
日が落ちてくる頃にはいつも以上に頭と口がうまく回ってなかった気がする。
1日長かったような短かったような。

とりあえず
・シロの体重は変わってませんでした。お腹が大きくなってたのは気のせいだったみたいです。
・ガイの去勢手術が終了しました。時間もなかったせいでウィルの捕獲は失敗。
・今日もリョウはいませんでした。
・さわちゃんとくーちゃんの仲が険悪。くーちゃんがこの群れからいなくなってしまうかも…。
・夕方も病院に行ってたので子猫2匹は確認できませんでした。帰ってから探したけど不明。

明日は

09-29,2011

とりあえず午前中にシロの病院に行ってきます。
ふさがりきらなかった傷口がちゃんと治ったかどうか確認してもらいます。
…なんか昨日よりお腹が膨れてるような気がするけど、気のせいかな…?
その辺りも確認しよう。

で、午後は愛護センターの人を交えて町内会会長と話し合いをしてきます。
と言っても確定ではないんですけどね…。
明日の午前中に会長さんのところに電話して午後に会えるかどうか尋ねるみたいです。
なぜ今日中に電話しないのか不思議ではありますが…担当者の人が忙しいからかなぁ。
今回のことに関して今までセンターの人と話した印象として、
センターは話し合いの場を設けてくれただけで話がうまくいくかは私次第と考えたほうがよさそうです。
まぁ当然と言えば当然かもしれないけど、心細いなぁ。
でも何とか頑張ってみます!

明日はガイと一応ウィルの去勢手術も予定しています。
何となくウィルは飼い猫だったんじゃないかなぁという気がしています。
手術とウィルスチェック等が済めば里親募集にかけてみます。

で、こちらは問い合わせ待ちの子たち。
DSC01540オト
DSC01541オト
DSC01542オト
DSC01544オト
オト君です。相変わらず部屋の中が汚いままで…(涙)。
オトが乗ってるのは「キャットタワー欲しいな」と思った次の日に買ってきたものです。
ケチってタワーじゃなくてツリーになりましたが…。

ガイ君です。
DSC01549ガイ
DSC01552ガイ

…なんでこう写真が下手なんだろう…(大泣)。
オトとガイのかわいさが伝わってこないよー…。

オト君は今日はいつにも増してやたらめったら甘えてきました。
服とか手とか甘噛みしてくるしねー、うちの今までのニャンコ達はこんなことしなかったぞう。
顔をじっと見つめてゴロゴロ言うしねーほんとかわいいですよ~。

他にも書きたいことがあったんですが、次回に。
今もう眠くて眠くて意識がとびとびです(苦笑)。

リョウは今日もいませんでした。
DSC01339リョウ


1リットル

09-26,2011

シロの腹水は1リットルもありました。

腹水を抜いてわかったことがあります。
ちょうど2ヶ月前に腹水検査をした時は腹水は透明なものだったんですが、
今現在シロのお腹の中にあるのは乳白色になってました。
…フルーツ牛乳っぽい感じの色合いでした。

「乳び腹水」といわれるものらしいです。脂肪が流れ出たらこんな色になるそうです。
特発性・腫瘍性・感染性の3つがあるそうですが、腫瘍性というには異性細胞も見られず、
感染性(FIPなど)を疑うような一般状態ではないとのことで、特発性ということになりました。
特発性っていうのは要するに原因不明ということです。
2ヶ月の間に腹水が変化したのも不明。

ただ、腫瘍性と感染性の可能性は消えたわけではありません。
腹水の中にある炎症性細胞は7月に比べて増加しているし、
腫瘍に至っては浸潤性のものだとエコーじゃわからないし。

この腹水に限っては適宜抜いたほうがいい類のものらしいです。
濃度が高いので体内の水分が浸透圧で腹水の方にいってしまうらしいです。
治療方針としては、低脂肪食に換えて人間用のMCTパウダーやルチンなどの
サプリを飲ませることになるみたいです。

腹水の量が多かったので注射器(しかも太い針)を3本差して抜いたそうですよ…。
1か所穴がふさぎ切らず腹水が出てくるので(怖!)、お腹にさらしをまいてます。
木曜にその傷口の状態を診てもらいに行きます。

シロがちゃんと歩いてるとこ、久しぶりに見ました…(涙)。
家の階段の上り下りもできなくなってたし、ここ2日はトイレもまともに行けなくなってたんです。
後ろ足がもうほんとふんばりがきかなくて…。
筋肉が弱ったせいか後ろ足はちょっとふらつくことがありますが、
ガニ股じゃなくなったし四足で立ってる状態が保てるようになりました。
あーほんとよかった!

全ての問題が解決したわけではないですが(肝臓に小さな結節があるらしいし)、
とりあえず腹水が何なのかわかってよかったです。
シロの体が楽そうでよかった~!1キロも体重が違うんだもんね。

MCTパウダーとルチンをネットで手に入れねば。

いいこともあればそうでないこともあって…。
今日もリョウは現れませんでした。

ぼたんと同じように何の前触れもなく姿を消して、もう2度と現れないようなことになるんでしょうか…(涙)。
お願いだから戻ってきて…!

近場で猫捕りが出てるらしいとも聞きました。
本当なのかわからないけど、目撃情報があるそうです。

外で暮らす子が今日も無事だったというのは、それだけで奇跡みたいなものなんだなと思い知ります。
私が見てるのは1日のうちのほんの数時間。
いくらお世話したって外にいる限り明日も生きていられる保障なんてあの子たちにはないのです。
そういうことを考えると叫びだしたくなるくらい怖いです。

あれこれ心配

09-26,2011

体調不良が続いております。
精神的なものも関係してるのかしら。

行きたい集まりがあったけど見送ってしまったしなぁ…不甲斐ない。
次こそは参加しよう。

今日もリョウは現れませんでした。
リョウちん、どこー?
寂しいよー!
レオンも来なかったし…。
2匹を保護して2週間になるかな。
ニノと離れてしまってるので、ニノとオトの兄弟仲もニノ自身のことも心配です。
ガイに関して問い合わせてきた人は消えました。
何か連絡があったわけでもないけどアウトです。
メッセ内容からして嫌な感じしたものなぁ。

明日シロは腹水除去とエコー。
仕事なので私は病院に行けません。
シロは12時間の絶食に突入してます。

ぐだぐだ日記ですみません。

にゃんこ達が無事に過ごせますように。
誰も怪我したりいなくなったり死んだりしませんように。
いなくなった子が帰ってきますように。

幸を招いておくれ

09-25,2011

今日のオト君は私が知る限り外を見て鳴きませんでした。
家の前がずーーーっと騒がしかったからかしら。
それとももう落ち着いた?
甘えるオト君。
左に右にゴロゴロふみふみ。
DSC01534オト
DSC01535オト
DSC01536オト
DSC01537オト
DSC01539オト

オト君がご飯を食べた直後にちょびっと吐くことがあります。
胃液のような白くてトロッとしたやつをちょびっと。なんでだろ?
気になるので明日病院に連れていくかもしれません。
私が帰る時間が何とか間に合えばいいけど…。

こちらはガイ君です。
DSC01518ガイ
DSC01523ガイ
DSC01532ガイ
昨日は寝てることが多かったけど、今日はケージから出てよく外を眺めてました。

実はガイ君に問い合わせが1件来ています。
良縁かな?そうだったらいいんだけど…。

くーちゃんのお見合いをしたところと連絡が取れないんですよ。
いや、くーちゃんはこっちにいるので全然いいんですが、忘れた荷物を返してほしいのですよ。
連休明けにまた電話をかける予定ですが、このまま連絡が取れなかったら
家に直接乗りこんでやろうかしら。
つくづくこんな家に大事な子を託さなくてよかったと思います。

今日もリョウ君は現れませんでした…超心配。
どこ行っちゃったんだよーーー!!

猫がいなくなるのも死ぬのももう嫌です。

最近体調不良も手伝ってかいつにも増して悲観的です。
近所のやつらなんかどっか行っちまえー!馬鹿どもがー!

お外への未練

09-24,2011

新しい日記にします(笑)。

昨日の写真です。
日向ぼっこ中。
左がオトで右がガイ。2匹ともつやつや~。
DSC01469日向ぼっこ
DSC01468日向ぼっこ1
私の家は古いので長屋みたいな感じなんです。
家の中で一番明るいのが2階のこの保護部屋。
この部屋の扉を閉めると他の部屋にほとんど光が入らないのです。
まぁ、開けてても暗いんですけどね(笑)。
西向きだからこの部屋は夏は暑いです。不便な家だ。

ケージの3段目は景色が見えるから人気。脱走した窓です。
DSC01485ガイとオト

オトは窓を見てずーーっと鳴いてます。
保護部屋から出せないのでストレスがたまるのかなぁと思ってるんですが、
たとえ広くてもこういうものなんですかね?
聞いてて切なくなる声で鳴きます…。

これは今日の写真でどちらもオト君。太い足が写っててすみません(笑)。
オト君はゴロゴロ言いながらふみふみするんですが、
床の上でもしてるのでなんか足踏みしてる感じで面白いですよ。
DSC01501オト
DSC01517オト

ガイ君もオト君もですが、甘えた後はなぜかご飯を食べます(笑)。
マー君(現・ハチ君)もそうだったようですが、男の子ってこんなんなのかなぁ。
甘えて遊んでも、やっぱりニャーニャー外を見て鳴きます。

お久しぶりのさわちゃん
DSC01509さわちゃん&マオ
さわちゃんの鼻のところに引っ掻き傷がありました。
誰かとケンカしたのかな…?

さわちゃんの後ろにいるのはマオ。
実はこの間マオがご飯を食べている時にお尻の所を触ってみたんです。
そしたら「あった」ので(笑)、マオは男の子確定です。

これは昨日撮った子猫たち。隣の家との隙間から覗いてきます。
携帯で撮ったのでちょっとぼやけてます。でも、かわいいでしょ?
P1000343子猫3匹
P1000344子猫
右側が足を怪我してる子です。頭をちょびっと触ることができました。
今日はその怪我してる子も上の茶色の子も来ませんでした。
大丈夫かな…。

あと、リョウ君が今日は姿を見せませんでした。

シロですが、この間の検査の結果、免疫系の病気の可能性も消えました。
月曜にかかりつけのところで、腹水除去して超音波検査をしてもらうことになりました。
先生が提案し相談の上母親が最終決定しました。
ほんとは別の病院でのセカンドオピニオンも貰う予定で紹介状も書いてもらってたんですが、
私も腹水は抜いたほうがいいかもしれないと思ってたんです。
シロが動けなくなってるし(後ろ足のふんばりがきかない)、
色々検査をしている間も日に日に腹水は増えていってるし。
体重は5.6kgあります…。

腹水を抜いてもらってクリアに見える状態でのエコーなら何かわかるかもしれません。
私、何となく腫瘍が見つかる気がしてます。

シロの乳がんがわかったのも水ぶくれだったんです。
それが何か病院でも診てもらっててそれでもわからない状態が続きました。
腹水もその水ぶくれのようなものだと考えられないかなと思ってます。根拠はありませんが。
腫瘍性は薄いと言われてますが、もし見つかって手術になっても今ならまだ心臓も耐えられるかもしれない。

腫瘍じゃなくてもこの検査で何かわかればいいなと願ってます。
いい方向に向かってくれたら…。

シロがよくなりますように。
ニャンコ達にいい里親さんがみつかりますように。

あ、ガイ君の里親募集も始めてます。

昨日センターに電話しました。
連休明けの月曜に自治会の人に連絡を取ってくれるみたいです。
ようやく(苦笑)。…ほんとかな…。
でも、「地域猫は難しい」とか「うまくいかないところばかり」とか
最初から及び腰なのがちょっとなぁ…。

あっちもこっちも

09-22,2011

昨日は体調不良で早々沈没しました。

脱走してさんざん心配かけたオトは窓を見てよく鳴くようになりました。
こいつめ…味をしめたな…。

そこからもう出られないよーと言ったら、変な顔してました(笑)。
怒られたとでも思ったのかしら。
DSC01449オト

でも、パンダちゃんとニノがまだ外にいるもんねぇ…会いたいよねぇ。
21DSC01439オト
DSC01454オト21

オトが脱走していた間、ガイは不安そうに鳴いてました。
ゴロゴロぐでんぐでんに甘えてくるんですが、落ち着きがなかったんですよね。
戻ってきたらぐーすかおやすみになりました。

まぁ、うちの母親が怖いんだろうなぁ。
今日母親が部屋に入ってきた時のガイ君(笑)。
DSC01470びっくりガイ
オトもびびりまくりでした。
母は「なんか腹立つわ~かわいくないわ~」ってぶつぶつ言ってました。

昨日、母がご飯を出した時に、どちらか1匹がケージの3段目から食べたそうに見てたらしいんです。
降ろそうとして抱っこしたらバタバタ暴れまくって室内パニックになったそうで。
家に来た日から「この子ら不細工やな~貰い手なんかないんちゃう」と言ってきてたから、
ガイとオトに嫌われてんじゃないかな~(笑)。
2匹ともかわいいのにぃ。
と、ここまで書いたとこでいきなりネットが繋がらなくなりました(下書きで保存してて今は携帯)。

続きは今度書きますが、これだけは。
シロのことと子猫のことなんですけどね。

とりあえずこれだけは。
怪我した子猫生きてたんですよ(涙)!!
この子達の写真も撮れてたのになぁ…
コメントはまた…

いました!

09-21,2011

外でした!

ニャーニャー聞こえるからどこだろうと首を巡らせたらオト!

何度目かに行った駐輪場の横の猫嫌いの家の塀!

逃げもせずに顔を見てニャーニャー鳴くから抱っこして連れて帰ってきました。
どこも怪我してなかったし、帰ってからご飯もバクバク食べてました。

あーよかった…(涙)。

オトが行方不明

09-21,2011

気持ちが落ち着いたので書きます。
今朝のことです。
私は朝早くに所用で出かけていて、私がいない間に母が保護部屋に入りました。ご飯と水をあげようとしたそうです。
私が昨夜遅く今朝もかなり早かったから私がご飯をあげていないと思ったみたいです。そんなはずないのに。

1匹(どちらかわからない)はケージから出てきてご飯を食べたそうですが、もう1匹がびびって暴れて、それにつられて2匹とも逃げ回ったそうです。
で、1匹がどこにも見当たらない、何度見に行ってもいない、と。

私はすぐに家に帰ってきてその経緯を聞きました。
話を聞きながら、部屋に入ったらガイが網戸のところで不安そうに体を丸めて鳴いていました。
オトがいません。
本棚の後ろとかてっきり部屋のどこかに隠れてるんだと思ったんですが違いました。

その時、窓を開けてたみたいなんです。

私が部屋にいる時は風通しをよくするために窓を少し開けたりしたんですが、そこから出ようとしたことはありませんでした。

保護部屋は2階にあります。
パニックになったオトが2階から飛び降りたのかもしれません。

母がその瞬間を見たわけでもなく「もしかして窓から逃げたのかも…」と言ってただけなので、部屋のどこかにまだ隠れてる可能性だって残ってます。
お昼をとうに回っても出てきません。
窓から出たことがほぼ決定です。
(保護部屋の戸は閉めてたみたいなので家のどこかにはいるということはありません)

部屋の中にいて欲しいと思いながらも外に探しに行きました。
窓の下はアスファルトの道路です。
猫はこんな中途半端な高さから飛び降りても無事なんでしょうか?
着地体勢が整えられる高さではないと思うんです。
でも、道に血がついてたり近くにオトが蹲ってたりする様子はありませんでした。
(それなら家に入る前に気づく)

けれども、台風による雨風で血は流されたのかもしれません。
どしゃ降りの中だったので探してもわかりませんでした。

風は強いですが今は雨が上がってきたので、また探しに行ってみます。

せめて、パンダちゃん達が来る時間に一緒に無事な姿で現れることを願ってます。

明日は…

09-19,2011

朝早く帰宅は11時くらいになるので、ガレージに来るパンダちゃん達にご飯をあげられません…心配です。
明日は仕事の空き時間にセンターに電話しようかと思ってます。
最初に電話しつからすでに1ヶ月経ちました…。
2度ほど催促したけど何もありません。

写真の腕が欲しい…

09-19,2011

デジカメはハウスの中にありました。
オトと遊んでいた時にそこに置いてちゃったかな。

もうほんとにいい写真が撮れなくてへこみます。
この子たちのかわいさを伝えられないわ…!

まずは昨日の写真から。
手前がオト君で、後ろに映ってるのがガイ君。
DSC01294オトとガイ

見上げてるのがガイ君。
網戸にしてありますが、2匹とも自分で開けようとはしないので安心です。
DSC01299ガイとオト

オト君。毛並みが濡れてるように見えるのは、「水のいらないシャンプー」をしたから。
嫌がることなく全然普通(笑)。
DSC01309オト

こっちはガイ君。
狭いながらも、涼しいポイントを探して寝ております。
手を近付けると進んでスリスリ。
DSC01313ガイDSC01321ガイ
ガイ君のお気に入りはこの爪とぎ。
上に乗ったりこうして枕にして寝ています。たまに端っこガシガシ噛んでます。
DSC01335ガイ

これはオト君です。
夏用のひんやりシートをちゃんと使う子たちなんですよーエライ!
うちのシロさんはてんで無視です。
DSC01340オト
DSC01347オト

じゃらしで遊ぶオト君。
DSC01363オト
DSC01367オト

ここから今日の。
下3枚はどれもガイ君。
DSC01372オト
DSC01375ガイ
DSC01376ガイ

遊ぶオト君。
カーテンとネズミのおもちゃとお気に入りのじゃらしで遊んでました。
なんつー欲張りな!
DSC01378オト
DSC01381オト

ガイ君です。
この子は割とのんびり眺めてるタイプ。
たまにじゃらしで遊んでますが、ほんとマイペース。
DSC01394ガイ

オト君、顔怖い…。
DSC01409オト

オト君は後ろに映ってるハウスがお気に入りです。
中に入ってネズミで遊んでます。
DSC01421オトとガイ
しかし、いつまでたっても暑いね~。
DSC01424オト

で、笑ったし感心したのがこれ。ガイ君なんですけどね。
DSC01429ガイ
シロがあんまり使ってない冷却シートを横流ししたんです。シロ、ごめんよー。
3段目に置いて、そこにガイ君を乗せたらすぐにそこで横になりました。
絶対動きません(笑)。
ガイ君、かしこいわー。

保護部屋から出せないので運動不足にならないか心配です。
キャットタワー買おうかな…。


あっさりした日記になってしまってすみません。
ちょっとバタバタしております。


デジカメどこー

09-17,2011

さあ更新するぞと思ったら、デジカメが行方不明です。
どこに置いたかなぁ…。

ガイ君の里親募集も始めようと思ったのに。
写真も更新しようと思ったのに。

今日は空き地グループにエサやりをしていたら豪雨に襲われました。
ゲリラかな。その後すぐにやんだんですけどね。

ずぶ濡れになって戻ると、保護部屋に居るオト君は網戸越しに外を眺めていました。
パンダちゃんとニノ君、心配だよねぇ…。
ガイ君は網戸を背にして寝ていました。

皆の雨宿り先はどこだろうね。


怪我してる子猫、やっぱりいない…。

ガイ君とオト君、その後

09-16,2011

うわーブログ更新してなかった…。
次学期が始まるのでバタバタしておりました。
それでも頭にあるのはニャンコ達のことばかり…。

まず保護中のガイ君とオト君、家での暮らしに慣れました。トイレもばっちり。
ガイとオト
DSC01243ガイとオト
ちなみに奥にいるほうがオト君です。

ケージの中はこんな感じ。これはオト君。寝てるのがガイ君。
DSC01199オトとガイ
2匹一緒だったり、最上段と真ん中の段に別々にいたり。
入れてみると大人猫2匹にはちょっと窮屈そうなので、私が家にいる時間は部屋の中に出してます。
でも、ここも今荷物がいっぱいなので狭いんですが…。
仕事が始まって私が家に居ないときはずっとケージに入れておかないといけないし…ううう、ごめんよ。


保護当日は不安そうでしたが、ガイ君なんて1日ほど経てばリラックスしてきました。
さすが環境適応力が高い子…!
いつの間にかTNR現場にいて、ちゃっかりとニノ君オト君と溶け込んでました。
ニノ君オト君とケンカなんてしなかったし、他の猫とももちろんそう。
「めちゃくちゃ狭いけど、ご飯も出てくるしまぁまぁいいかも」と思ってくれてるんじゃないかなぁ。
外では反応しなかった猫じゃらしでも遊ぶようになってきました。
窓から外を眺めてますが鳴いたりすることはありません。
スプレー行為も全然なし。
甘えた度に拍車がかかってきました。

ガイ君は、面白い模様をしてるでしょう。
耳毛が白く、うっすら白胸毛、白腋毛、白腹毛。
なんでわざわざこんなところにあるんだろうかと笑ってしまう…。
DSC01225ガイ

DSC01230ガイ
床が汚くてすみません…。

ガイ君の去勢手術はまた今度にするんですが、里親募集サイトに載せたいので
今日は血液検査とウィルスチェックに行ってきました。
結果…猫白血病(-)猫エイズ(+)でした…。あああ…。

猫エイズを持ってるからといって、私から見てガイ君の良さは少しも薄れないんですが、
里親さん募集するにあたってちょっと不安です。
募集サイトを眺めてる人が陽性だからということでガイ君のことをはじきやしないかと。
すごくいい子なんですよ。
先生も「この子は本当にノラちゃんなんですか!?」って驚くくらい。
良縁あるかなぁ。

あ、大体の年齢を聞くの忘れてた…。

ちなみに血液検査の結果は特に異常なし。
少し口内炎があるし時々くしゃみをするので、抗体を作るたんぱく質は上がってました。
(先生曰く、FIVとは考えにくいとのことでした)

一方オト君ですが、こちらはまだお外が気になります。
悲しげに鳴いたり…(涙)やっぱりパンダちゃんとニノ君を気にしてるんだと思います…。
ニノ君もなんか元気がないんだもの…ううう。
ご飯食べたらすぐに姿を消してしまうし…たぶん隣の猫ちゃんを警戒してのことだと思うんですけど…。
まだオト君が外にいる時はご飯が終わったら2匹でじゃれてたもんね…。
一応ガイを遊び相手にしようとするんですが、ガイはあんまりそれに乗らないです。

パンダちゃんもニノ君も保護したいんだけど、母親とバトルになります。
今でもちゃいちょいぶつかってます。
すぐに保護するつもりだったんですが、家の状況的にかなり難しいです。
「家の中が臭い」だの「こんなん里親見つかるんかいな」とか。
保護してから毎日1日に何度も貰い手は見つかったのかと聞いてきます。
早くに見つかったら、誰も苦労しないっつーの!
1件でもよい方からの問い合わせがあればパンダちゃん達を保護できるのに…とやきもきしてます。
焦ってもしょうがないのはわかってるんですけどね。
嘘をついて保護しようかとも思ったんですが、後々動きがないと不自然だし、
長い間4匹が一緒にいるとさらにプレッシャーがきつくなるし…。
ぐるぐるぐるぐる。

オト君は昨日3種ワクチンを接種してきました。
オト君のことで気になるのは口内炎。
歯肉も赤く腫れてました。
そのせいか、カリカリはあんまり食べません。
効果はほとんど期待できないけどラクトフェリンを摂取してみてはということで、
それ入りの粉ミルクを買ってフードに混ぜてみました(成猫はそれでいいと説明書にあった)。
ラクトフェリンと相性がいいといいんだけどなぁ。
あ、別に今はよだれを垂らしたりということはないです。
よくよく見ると時々口元を舌でペロッと舐めてました。

オト君は4~5月頃?にウィルスチェックを済ませていたんですが、
保護してから未去勢未検査のガイ君と一緒なので少し気がかりではありました。
日にちも経ってるしガイ君とずっといるから再検査した方がいいのか尋ねたら
(一応サイトには両方マイナスと載せてあるので)
オト君は去勢済みだったしガイ君の性格からして、まぁ大丈夫なんじゃないかということでした。
半年後に検査してみると結果がはっきり出るそうですが。

パンダちゃん
DSC01222パンダ

ウィル君
DSC01105ウィル

ニノ君
ニノ
ニノ君も募集をかけたいけど、なかなかいい写真が撮れません…。

それと、仔猫ですが、聞き込みに行ったところ怪我してる子は全然現れていないそうです。
いつ見ても2匹だけだそうです。
最悪のことしか想像できません。
まだ人に馴れてないから誰かに拾われたとは考えにくいです。
誰かに拾われる状況があるのなら、それはあの子がものすごく衰弱してる時だけだと思います。
衰弱してる仔猫を助けてくれる人があの辺りにいるのかどうかも考えにくいです。

パンダちゃんとオト君

09-13,2011

サイトに掲載依頼しました。

ベストショットはないんですが、こんな感じです。
後で編集する気満々の文章です。
オト3
オト2
オト
オト君
猫エイズ・猫白血病とも陰性です。
毛色は黒で、ひげも黒です。艶やかな毛並みで、なで心地も抜群です。
2011年3月に去勢手術済みで耳横にカットあり。
非常に人懐こく甘えん坊で、親戚の3歳になる子供が近づいてもおとなしく尻尾や頭を触らせていました。
猫じゃらしが大好きで、ご飯を食べるのもそこそこに「遊んでちょうだい」と猫じゃらしをくわえてアピールをしてきます。
爪を立てずに人間の手にもじゃれつくことができます。
カメラを向けるとすぐに擦り寄ってきますので画像が少ないですが、また写真が撮れましたらアップします。

保護してからは少し鳴いていますが、私の顔を見るとゴロゴロのどを鳴らし目を細めてじっと私を見つめてきます。
不安な中でも家での暮らしに慣れようと健気に頑張っています。

続きましてパンダちゃん。
パンダ
パンダ2
パンダ4
パンダ5
パンダ6
パンダ7
仮名 パンダちゃん
2011年3月に避妊手術済み。耳横にカットあり。
毛色は白黒で4本足に白靴下を履いています。ひげは白。
近日中に保護する予定ですのでワクチン接種・ウィルスチェックはその時に行います。結果は分かり次第アップします。
今現在は健康状態に問題はありません。

慎重派ですが、もっと馴れてくれたら甘えん坊になるタイプだと思います。
3月に捕獲・リリースしたのですが、怖かったのかその際は3日ほど姿を現してくれませんでした。
戻ってきた後は、徐々に徐々にパンダちゃんなりのペースで心を開いてくれるようになりました。
ご飯時にはしゃがんでる私のお尻にスリスリしてきます(こっちが気づくとやめてしまいます)。
私の手からもご飯を食べることができますし(その時は首を横に大きく傾げて食べようとします)、指をペロペロ舐めてくれます。
ご飯を食べている時にお皿が遠くに移動してしまうと、前足で引き寄せる姿が面白いしとてもかわいいです。
撫でることはできますが、抱っこはまだ怖いみたいです。
私が移動すると後ろをトコトコついてきます。


文章がいつにもましておかしい…。
里親さん見つかりますように!

ガイ君の手術は今度にしました。
ちょっと私がへばった…。
ガイ君は落ち着いてきましたが、オト君はまだ不安そう。
おしっこをまだしてません…。

狭苦しいところに閉じ込めちゃって申し訳ない…。

シロはこんな感じです。もう泣きたくなるよー…。
シロ

不安だけど…

09-12,2011

ガイとオトを保護しました。

はー疲れた…。

保護部屋にて携帯から書いてます。
オトじゃなくてニノじゃないかという気もしてます(笑)。
いつもと様子が違うので、どちらともいえない顔つきをしてるんですよね。
たぶんオトだと思うんですが。

15時過ぎくらいからケージを組み立てて、パンダちゃん達が姿を見せたのが4時半過ぎ。
5時前にはパンダ、ガイ、オト、ウィルが勢揃い。
早いよー…。

でも、今日は人通りが多く、猫たちは落ち着かない様子でした。

ガイを5時半くらいに保護。
家に入れるとものすごく鳴きました。
普段はか細い声なのに…。落ち着かない様子ですが、スリスリゴロゴロ。
家でご飯は食べました。
私の姿が見えなくなるとさらに大きい声で鳴くので(ケージ拒否)、6時半くらいまでずっと居て、その後空き地グループのエサやりに行き、早々と戻ってオトを捕獲。

連れて戻ると2匹で大合唱(苦笑)。
2匹ともスリスリゴロゴロ。
まぁでもガイは落ち着きつつありました。
オトなんて呼吸困難じゃないかと思うくらいゴロゴロ言ってます。
私に盛大に甘えてくるし。これがこの子の不安の和らげ方なんだろうなぁ。
健気だ…。
ガイは寝ようとしてます。ガイはガイのやり方で落ち着こうとしてる。
でも、不安そう。
でも、頑張ってる。

2匹ともまっすぐじっと私を見つめてきます。
不安なんだろうけど、でも信頼してくれてるような。
いざ保護してみると私もすごく不安です。
母親に4匹保護すると伝えてなかったみたいで(苦笑))びっくりされて嫌な顔されましたw
なので、結構プレッシャーが…。
でも、ほんとに賢くてかわいい子達なんです。
里親さんが見つからないはずがない。
まだサイトに載せてないけど…。

ガイとオトは3才になる子が近づいてきてもおとなしく体を撫でさせてたんですよ。
尻尾やお腹を触られても攻撃なんて一切しなかったんです。
耳はちょっと寝てたけど、威嚇なんて全然。

今は2匹はケージの中にいます。
くっついて(というか、私がくっつけた)寝てますが、薄目で私をじっと見てます。
オトが不安そうなのでニノを保護しに行こうかと思ったんですが、部屋を出たらものすごく鳴いてケージ内で暴れたので戻ってきました。

子猫の様子が見に行けてません。
昨日もご飯を食べられてないのでものすごく心配です。

喉も乾いたしトイレにも行きたいんだけどなぁ…(笑)。
私がちょっと動くと途端に反応するんですよね。

明日一応ガイの手術をする予定です。
でも、もしかしたら見送かもしれません。

うちのシロのことで書きたいことがあったんです。
私が家にいない間に母がシロを病院に連れていってサマーカットにしてもらったんです。
腹水でお腹がすごい状態なのはわかってたんですが、長い毛がなくなると予想以上の大きさでした。
洋梨みたいな…。
今度アップします。
ちなみに尿検査も問題ありませんでした。

シロも外の子達もみんな元気でいますように。
いい里親さんが現れますように。

子猫

09-12,2011

人通りも多く色々邪魔が入るので、怪我してる子猫を含め3匹とも見失いました。
大丈夫だよね?
ガレージまで移動できなくなってから、あんまり食べてないんですが…。

あーもう焦燥感と無力感に苛まれる…。

諦めるのは誰だって出来るんだ。
頑張れ。

里親さん募集サイトに掲載するために撮った写真、載せようと思ったんですがバタバタしてるので明日にします。
コメントありがとうございます!

むむむ

09-10,2011

3段ケージが昨日届きました!
こんてさん、ありがとうございます!

でも、まだ設置できてません(涙)。

ケージを2台置く予定の部屋にリカちゃん学習机(笑)があったんです。
勉強時には折り畳みのテーブルを出しているので全然使っておらず、収納&物置と化していました。
小学生の時も勉強時にはほとんど机を使っていないので、物置歴はすごいものがあります。

ケージを設置するのにこの机が邪魔なので別の場所に移動させようと思っていたんですが、何の気なしに「処分したいなー」と言ったんです。

そしたら翌朝「机を捨てるで」と母が。
午前中に引き取りに来るそうで…処分したいと言ったのは前日の夕方なのに…どういうこと…!
何でも私が知らないところで、ダイニングテーブルを処分する話があって処分・運搬日は翌日だったそうで。
…って色々教えてくれよ!テーブル買い換えるんも知らんかったぞ!

2時間後に机を外に出さないといけなかったので、とりあえず中のものを出すことに。

間に合ったけど結果部屋の中が荒れ果てた…ううう。片付けらんないよー!
掃除の神様、助けてー!
土日で何とか目処をつけたい…!

で、パンダちゃん達ですが…ちょっと困ったことがありまして。

隣家の飼い猫ちゃん2匹(←外に出してる)が、みんなを追い払うんですわ。

私がいる間は何とかなるんですが、子猫達を迎えに行ってる間にパンダちゃん達を追っかけちゃうんです。
家の前は車もよく通るので危ないんですよね…。

で、猫ちゃん達は追い払った後にみんなのご飯を食べまくる。

実は時々ガレージで見かけたんですよ。
私が家にちょっと入ってる間に捕獲器に仕掛けようと準備していたうなぎを全部盗られちゃったり(笑)。
ご飯を食べられるくらいならいいんですが、パンダちゃん達が追い払われるのが困ってしまうので、隣家にお願いに行きました。

事情を説明して6時~9時の間は猫ちゃん達をお家の中に入れておいて欲しいと。
8匹猫を飼ってていい人ではあるんですが…その時間まだ猫ちゃん達が来るんです。
気をつけてくれてるみたいなんですが、「今そっちに行っちゃいましたー」と8時くらいに来たり。

こういうことがあって、賢いパンダちゃんは5時前くらいに姿を見せるようになりました。
(この時間は隣の猫ちゃんは来ない)

程なくしてガイがやって来て、その後ウィル、しばらくしてからニノとオトが来ます。

でまぁ夕方のこの時間は家の前の道が交通量が多くなるし、隣の猫が来ないうちにってことで食べたら割とすぐに向こうに渡ってしまいます。
隣の子達がまだ来てなかったらこちらを行ったり来たり。
これもやっぱり危ないなぁという感じ。

私が空き地に行く頃までに大人猫達は食べ終えて、私がガレージを出ちゃうとみんな姿を消すんです。

これが困った。

大人猫達は迎えに行かなくてもここに来られるようになったんですが、この子達のご飯の時間に子猫たちが合わせられなくなったんです。

前は大人猫が道を渡るのにくっついて来てたんですが、時間が早まったために子猫らが現れる頃までに大人達は既にこっちに来てご飯を食べてるか食べ終えて戻って来てる。

私が迎えに行ったり来たりするとニノかオトかガイがくっついて来るんですが、大勢じゃないと怖いみたいで。

昨日今日と3匹はガレージに来ておりません。
その前に隣の猫達に思いっきり追いかけられたことも関係してるんだろうなぁ…。

頑張って誘導しようにも9時を待たずして猫達が外に離されるし…。

取り残されてるメイちゃんも気になってます。
首輪チャトラも…。
チョビビゲなんてそれ以前の問題だし…。

迷ってるのが後ろ足をびっこ引いてる子猫。
保護しようか後にするか…。
骨折してるのであれば早く対処してあげたいし…。

ガイやニノオトには慣れてそうなのでケージが設置できたら一緒に入れても問題ないかな…。
隔離しようにも別のケージは置けないし…。

見た限り去勢手術は行けそうな大きさだと思います。手術すれば大人しくなるのかなぁ…。
そもそも、捕獲器に入ってくれるのか…。

ガイとウィルの手術もしたいし(ウィル君がすごく賢い子なので早く里親募集かけたい)、保護時にパンダちゃんがうまく捕まるかどうかも悩ましい。

とりあえずケージを設置せなどうにもならんな…。

水曜にセンターから連絡が来るかなと思ったけどまだ。
最初の連絡からそろそろ1ヶ月…月曜に電話を掛けてみるか…。

あの時とはまた状況が変わったけど、保護が後回しになってしまう子達や他の猫達のためにも地域猫への理解は必要やし。

他に書きたいことあったけどまた次にします。

パソコンから書くつもりだったのに、今日も携帯から…。

お見合い結果

09-08,2011

お見合いしてきました。
まだ連絡はしていないのですが、断ります。
先方はものすごく乗り気なので面倒ですがね…。

当日はくーちゃんだけを連れて行きました。
ニノ・オト兄弟かガイも連れて行こうかと思ってキャリーも出したんですが、
何があっても確実にキャリーに戻せる子だけにしました。
くーちゃんはキャリーに慣れてますからね。

団地までタクシーで行きました。
敷地内には散歩中のワンコがたくさんいましたし、野良にゃんもちらほら目にしました。
ピンポン鳴らして部屋に入った途端の正直な感想は「あー今すぐ帰りたい…」でした。
めちゃくちゃ汚かったんですよぅ…。
「ありのままを見てもらったほうがいいかと思って何もしてないんですよー」と仰ってたんですが、
歩けば光熱費の明細書を踏んづけてしまうのは少しあれではないかと…(苦笑)。
「猫を飼うのは初めてだけど、今すぐにでも猫を飼いたい!」と言ってるお家には見えませんでした。
いや私も片付けが苦手ですから忙しくなるともう空き巣が入ったんじゃないかと思う程荒れるので、
どうこう言える立場じゃないからこの点はまぁ保留。
中1の息子さんが部屋から出てきたんですが、想像と違ってました(笑)。
犬であれ猫であれいつまでもずっと構いたい!というタイプのお子さん。
くーが一目で気に入った様子。
お母さんもまんざらじゃなさそう。
お父さんは「息子が気に入ったらそれでいい」と。
お母さんが仰るには「あまりにちっちゃい猫だとこの子(息子)がぐちゃぐちゃにするから大きい猫がいいんです」とのこと。

お母さんやテレビ見ながら話しかけてくるお父さんと(苦笑)喋りながらも、
キャリーの中のくーをなでくり回す息子さんが気になってました(苦笑)。
くーが緊張していることは伝えてあるし、それでも構う息子さんに
このお母さんはどう注意するのかなと思ってたんですが、
あまり気にしてないようなのでちょいちょい私がストップかけてました。
でも、あんまり話を聞かない子なんだよなぁ…。

しばらくしてからくーがキャリーからそっと出てきたんですが、そこを息子さんが追いかけていきました。そしたら、部屋の扉が開いてたようで、くー逃亡。
扉のことまで注意してなかった私が悪かった…。
「どこ行ったかわからへーん」と言うので皆で捜索。他の部屋の扉も全部開きっぱなし(そして汚い・笑)でした。
お父さんが発見。
私がキャリーを向けるとくーちゃんがすたこらと中にイン。
で、そのまま扉をロックして布を被せました。

息子さんがまた扉を開けようとするので、やめさせたり大変でした…。

それ以前の段階で少なくともくーちゃんにはこの息子さんは無理だろうと思ったので、ネガティブキャンペーンを展開してました(笑)。
「家で保護してるわけではないので家に入れるとどうなるかわかりません」とか「保護スペースはありますが急遽保護しないといけない子達がいますし、家慣れやトイレトレーニングもありますからすぐにはトライアルは開始できませんよ」とか「しばらく夜鳴きをするかもしれませんよ」とか「人懐こい子ですが、ずっと構われるのは好きではありませんよ」とかとか。
別に嘘ついてないしー。

まぁ、お父さんお母さんは今まで動物と接してきたんだろうなというのはわかりました。
親子犬を飼っていたそうですし、お父さんの実家は猫を飼ってるみたいですし。とりわけ変だと思うこともありませんでした(3人の中だとお父さんが一番常識派)。
ただ、どちらも息子さんに甘いので、果たしてこの子をうまく導くことができるのかなと思いました。
構われすぎて猫がストレス溜まるかもしれない、そこをたしなめることができるのかな、と。

他にどういうところを探されたのかも聞きました。
ネットが繋がらないようですので、基本的に動物病院に直接電話して訪ねる方式だそうです。
ワクチン代負担などお金が発生するところは除外してるんだそうです。

ペット不可の場所については、半数以上の世帯が何かしら飼ってるし、苦情はあまり出ないし出たとしても犬しか聞いたことない、とのことでした。

すったもんだありつつお見合い終了。
帰ってからくーちゃんに謝りました(笑)。
まぁそれでも悩みましたよ。
くーちゃんは違ってても、他の子ならもしかして合うかもしれない。
外で暮らすよりかはマシかもしれない。
ワンちゃんを飼ってきたんだし動物を飼育した経験はあるんだし、と。

色々考えながら、赤ツナギさんにお電話。
聞きたいことは別のことだったんですが、口に出てしまったのはお見合いのことでした。
そしたら「引っ掛かってるのであればやめときましょう」と(笑)。
自分でも話しながら「あ、やっぱり私、『ここは嫌だ』と思ってるんだな」と何か確認作業してる感じになってました。
話を聞かずとも私の声のトーンで不成立だと思ったみたいです。
暗かったみたいです(笑)。ブログを読んだ時点で半ば予想してはったらしく。

里親さん募集のこととか何だかんだ話を聞いてもらってたら元気出てきました(←単純)。

うちのニャンコ達に絶対いい里親さん見つけます!
外よりマシかもしれない…なんて考えは外で頑張って生きてるあの子達に失礼だもんね!
その頑張りに見合って尚且つお釣りがどーんとくるだけの幸せをつかまえないと!

保護スペースが出来たのであれば保護前でも「近日中に保護」と記して「いつでも里親募集中」に掲載出来ると仰ってくださったので、出来るだけ早く載せたいと思います。
問い合わせが来てると言えば、うちの母をさらに説得出来るし。

何だかんだで停滞してた不妊手術も実行して掲載条件満たさないとね。

他に書きたいことあったけど、長くなったしここまでにしようっと。
…お見合い内容、詳しく書きすぎたかな…まぁいいか。

あ、これだけ。
今日は子猫たちが3匹とも迎えに行っても来れなかったんですが、
3匹のうちで一番大人しい黒ちゃんがびっこ引いてました…。
心配だ…。

むしゃくしゃ&微妙な?朗報

09-06,2011

腹が立つことと朗報?がありました。
どっちから書こうかなと思ったんですが、起きた順にしよう。

夕方、シロを連れて病院に行く前に母親と話をしていたんですが、
「ケージを置くために早く片付けないとあかんわ~」と私が言うと
「えっ!?ほんまに家にいれるつもりなん!?やめて~」と。

はぁっ!?

その後に野良猫は家に入れると自由がなくなってかわいそうだの
うるさく鳴いたら近所迷惑だの、そうなったら外に離すだの散々勝手なことを言ってきました。

うちの母親、約束や頼みごとを簡単に覆す人なんです。
自分のも相手のも。
母親が頼んできたから動いてたのに
「え~そんなん言ったっけ?知らんで~」ってな感じであっけなくあしらう人。
小さい頃から何度裏切られてきたことか。

今回はもう私本当に人生で初だと言っていいくらい真剣に頼んだんですけど、
いとも簡単に前言撤回。
親じゃなかったら付き合いをやめてますよ、とっくに。
これ以外に性格に難ある人だから現在進行形で迷惑をかけられてます。
その内容を言ったらドン引き間違いなしです(苦笑)。

もう保護する気で動いてるし、一旦了承したんだから撤回は許しませんよ。
頭にきながら病院に向かう。母親も一緒。話はとりあえずその後。

で、シロの診察中に他の先生が入ってきて
「掲示してる子(くーちゃん)は里親さん決まりましたか?」と聞いてきました。
「まだです」と答えると「わかりました」と言いながら出ていきました。
待合室にいらっしゃる方か誰かから問い合わせがあったのかなと思いながら
(あんまり気にしてなかった)
先生の話を聞いていると携帯に着信が。
診察中なので後で出ようと思っていると、間髪置かずに何度も何度もかかってくるので出たら
里親さんになりたいとのお電話でした。

朗報というのは里親さんとのお見合いのことです。
…でも、何となく手放しで喜べないんですよねぇ…。

電話中にあれ?と思ったんですが、その方、病院に掲示してあるポスターを見て
掛けてきたわけではなく、病院に直接「里親募集をしてある猫はいませんか?」と問い合わせてきたそうです。
(ちなみにここの病院に通っている方ではない)

かけてきたのは女性だったんですが、いきなり条件だの私の年齢だのを聞いてくるので、
はっきり言って感じの悪い人だなと思ったんですが(名乗らなかったし)、とりあえず話を伺いました。
(というか、一方的に聞かされた感じです)

少し前に飼っていた愛犬が13歳で亡くなってから、息子さんが不登校になってしまったらしいです。
もう一歩も外に出ないそうです。
それで新しく動物を迎えたいということ。
できれば犬ではなく猫がよくって、すぐにでも飼いたいということ。
(私の年齢を聞いたのは、子供がいるのかどうか知りたかったみたいです)

その方が住んでいるのは私の住む所からあまり離れていない団地。
…実はここはペット不可なんですよ。でも、かなりの世帯が内緒でペットを飼ってるみたいです。
以前に私はこの団地近くで塾の講師のアルバイトをしていたので、全く知らない場所ではありません。
生徒は団地に住んでる子ばっかりで、ちなみにアルバイトに来てる先生の多くも団地住まいだった(笑)。
受け持ちの子が「犬を飼いたい」と言ったことがあって「ここいらの団地ってペット飼えるの?」と聞いたら
「禁止やけどみんな内緒で飼ってる」とのこと。

私に電話する前に、とあるペットショップに掲示されていた里親募集のポスターを見て電話をしたけれど、
そこは2匹一緒に引き取ってほしいという条件だったので、諦めたそうです。
なんでも、亡くなったわんちゃん以外にもう1匹飼っていたけど、多頭飼いはしんどかったそうで。
(ペットの飼育は黙認されてるとはいえ、鳴き声に気を遣ったりしたそう)

でね、この人はポスターを見て電話を掛けてきたわけじゃないので、
私がどういう猫たちを世話しているかわからないわけですよ。

とりあえず、私の状況は話しました。話の合間合間に割り込むようにして(苦笑)。
まずは猫はどの子も今のところ保護できているわけじゃないこと。
その中でも人慣れしている黒猫(くーちゃん)を掲示していたこと。
エサやりさんの家に出入りしていたので、家での暮らしには他の猫と違ってあまり抵抗はないけれど、
トイレなどの訓練ができていないからものすごく気にいったとしてもすぐには渡せないこと。
お見合いは問題ないけれど、連れていけるのは人慣れしているくーちゃんで、
それ以外はニノ・オト・ガイの黒猫ばかりだということ。

黒猫にどうも抵抗があるみたいです。夜に見るのが怖いんですって、特に旦那さん(苦笑)。
(1回目の電話があり、その後また電話があり旦那さんともお話ししました)
でも、一度会ってみたいということで、明日夕方5時半にお見合いすることになりました。
とりあえずくーちゃんと、ニノ・オト・ガイのいずれかを連れていくことに。
「いずれか」というのは、その時間までに捕まるかどうかわからないから…。

ほんとは水曜以降のほうがよかったんですが(私が時間的に動くのが厳しい)、
明日の方がいいと…私の言い分聞いてないし…。
飼い猫が診察中だから後で掛けなおすと言っても、そのまま話し続けるしさ…。

う~~ん、このモヤモヤ感伝わりますか?
旦那さんのご実家では猫を飼っているみたいですし、
ペット禁止の家とはいえ犬を飼っていたし、
家族みんな動物は好きだと仰っていたんですが…。

たぶん、息子さんのことが本当に心配で、そのせいで
一方的な感じになってしまったのかなぁと思います。

でも、それを差し引いてもあまり印象はよくありません…(苦笑)。

いや、ペットショップで飼うということをしなかったから、本当に動物が好きなのかも…。
だけど、お金がなかっただけかもしれないし…。

ペット禁止が徹底されたらどうなるのかな…それでも終生面倒を見てくれるのかな。
ないよで飼ってる世帯数が多いからそういうことはないかもしれないけど、やっぱり引っかかる。
捨てたり処分したりというのは息子さんが許さないだろうけど…でもねぇ。

などなど、色々モヤモヤ。

明日よくよく観察してこよう。私が不安に思うことは聞いてくるんだ。
トライアル期間を設けるとはいえ、大事な子を託すかもしれない人だしね!
私を取り巻く環境的に少しでも早く里親さんが決まればいいけど、
絶対変な人には渡したくないもんね!!

この人たちが里親さんにならなくても、お見合い自体を経験するのはいいかなと思ってます。

それに、このタイミングで電話があったのは私としてはありがたいんですよ。

パンダちゃん達を保護するひと押しになってくれたんじゃないかなと。
母親が電話でのやり取りを聞いているので、里親さんになりたいという人は実際にいるんだということを
感じたんじゃないかと思います。
保護したらもっと大々的に募集ができるんだ!と強調したし。
うちの母親のことだから安心はできませんが…。
候補に挙げてたもう一方の保護場所、アプローチは続けてます。悪くはない感じです。

とりあえず、防音シートみたいなの探そう…。
うるさかったら外に離すって、野良猫は外で暮らしてた方が幸せって…ほんと信じられへん…最悪…。

あー、シロの検査結果書くの忘れてた…。
体重は微妙に増加。5.48kg
総胆汁酸の結果異状なし。
でも、カリウム1週間飲ませたけれど、効果はなし。
もろもろ考えてきっと肝臓が悪いんだろうけど
確定診断を下すには生体組織検査に出すしかないとのこと。
でも、それをするにはお腹を開かないといけないわけで、現在の状況だけではデメリットの方が大きいとのこと。
とりあえず経過観察を続けていくしかない。
一番可能性があるのは「門脈圧亢進症」ではないかとのことでした。
とりあえずまた2週間後に病院行きます。

最近ずっと文字ばかりだったので、先月行った中之島公園「猫の部屋」のフクちゃんを載せておきます。
時々しかブログを見てないんですが、一度行ってみたかったところなんです!
みんなかわいかった~~。
フクちゃんはすぐに膝の上に乗ってきてくれたんですよう。
以前に載せようと思ってたんですが、忘れてた…。
猫ハウス…いいですよねぇ…。
DSC00951フクちゃん

猫の保護活動レポート

09-03,2011


風がすごいですね…ニャンコ達大丈夫かな…。
仔猫2匹来ず。一番ちっちゃい子は姿も見ていません…。
どうか皆無事に過ごせますように。

今日ツイッターのタイムラインで流れてきたのが
東京に住む小学6年生(去年)の子が書いた猫の保護活動のレポート。
http://doubutsuaigo.web.fc2.com/report2010/top.html

読んでて泣いてしまった(笑)。

ご近所の人にポスティングしようかしら。
野良猫なんて殺してしまえと言った人らは、
このレポートを書いた男の子に向かって同じようなことが言えるのかなと思ったり。

この子から少し元気を分けてもらった。

許可出ました

09-02,2011

母を何とか説得できました。
自宅で期間限定ですけど保護できます。

部屋の片付けやケージ等々の準備もあるのですぐに保護はできませんが、
文句を言ってきたご近所さんのひとりには、1~2週間の間にパンダちゃん達4匹を保護する旨を伝えました。
そして、このことをご近所の人にも広めてくれるようにもお願いしました。
直接ご近所さん達と顔を合わすことがあれば自分でもそのことを報告するつもりです。

今日も相変わらず来られなかった仔猫が1匹。
この子は昨日は来てました。
ずっとニャーニャー鳴いていました…。3匹ともよく鳴く子たちです(苦笑)。
3匹それぞれ向かいの家までは姿を見せるけど、道を渡ってこちらに来るというのがかなり難しいようです。
誘導しようとすると以前の場所へと向かうし…。

とある家の室外機の下から盛んに鳴く仔猫を何とかこちらに移動させようとしていたら、
その家から奥さんが出てきました。

案の定、「あのー2,3日前から仔猫がずっと鳴いてるし、この辺をうろちょろしてるんですけど」とのこと。
ですので、事情を説明しました。
この鳴き声はご飯を催促しているものであること。
仔猫はつい最近現れたのではなくしばらく前からこの辺にいて、
以前からいる猫たちと一緒にご飯を与えていたこと。
その場所でのエサやりを禁止されたのでエサやり場を変えたのだけれど、
仔猫たちが人慣れしていないので移動が難しいこと。捕獲・手術も月齢的に厳しいこと。
だから、新しいエサやり場に馴れるまで何とか我慢していただけないかと伝えました。
近いうち大人猫を保護するので猫の数は減りますからとも申し伝えました。

すると、「エサやり禁止ですか…こういう活動はなかなか理解されませんよねぇ」との好意的な返事が。
最近は苦情しか言われてなかったので耳を疑いました(苦笑)。
フン害や猫トイレの話も出たんですが、その奥さんが門扉向こうの
駐輪スペースを指して「もしよかったらそこを使っても大丈夫ですよ」と!!
この活動を理解してくれてる言葉からして内心ウルウル来てたんですが、
いやもうマジで涙が出るかと思いました…。
近いうちに設置のお願いをしに行きます!

(門扉向こうなので掃除をどうすればいいか相談だけど)念願の猫トイレの設置は出来そうだし、
何より期間限定とはいえ猫の保護はできるしで万々歳なんですが…。

不安です。

1ヶ月だけじゃなくそれよりも長く置かせてくれそうですが、
その期間に里親さんが見つからなかったらその後の保護先をどうしようかと。

昨日ブログに書いた時点でも、先が曖昧なままで保護に踏み切っていいのかどうか、
正しいことなのかどうかという迷いにはっきりと答えが出せないままになってます。
私の判断はよかったんでしょうか…。

里親さんを募集すると同時に自宅での保護期間終了時のことも考えなければいけません。


どうか、この子たちを終生可愛がってくれる里親さんが現れてくれますように。

なるべく早く保護して「いつでも里親募集中」に掲載してもらう予定です。

3段ケージ

09-01,2011

自宅は何とか置けるかもしれないけど、もうひとつの家の方は一体どこに置こう。

色々頭の中でシミュレートしていて眠れない。


これで交渉してどっちもアウトだったら…。
立ち直れるかなぁ。
ただでさえグロッキーな感じなのに(苦笑)。

Somebody help me…

09-01,2011

今日ガレージに来たのは、パンダちゃん、ニノ、オト、ガイ、ウィル、仔猫1匹。
家まで来れなかった仔猫がずーーーっと鳴いてました。
ごめん…ごめん…。

私が迎えに行くと、ご近所連中が集まって何やら話してました。
どうせ猫たちのことだろうけど。
迎えに何度も行ったり来たりする私と猫たちをじっと見てきました。
エサをあげてるから離れないんだエサは2度とやるなと言ってきそうな気がします。
ものすごい袋小路に入ってしまった感じがします。

愛護センターが間に入ってくれるのは来週以降になるとのこと。
その時まで状況が悪くならなきゃいいけど。
間に入ってくれたからといって改善されるとは限らないんですけどね。
悲観的なことしか考えられない…。

…今これを書きながら考え始めたことがあります。

今度こそどうにか親を説得してせめて1ヶ月パンダちゃん一家とガイを家で保護すること。
(サっちゃんとこの3にゃんの時に親に交渉したんですがものすごく拒否されました…)
期間を区切れば無理は通しやすい、と教えていただいたからなんですが、
期間が終われば外に戻すなんてことは絶対にしません。そんなことしてたまるか。
1ヶ月必死に里親募集し、それでも行き先が決まらなければ再交渉。
実は自宅以外の候補がもうひとつあって、頼み込めばケージ入りで保護させてくれるかもしれない。
むしろ親より説得できそうな気がするし、期間ももっと余裕が持てそう。
その場合は私が世話しに通うことになるけど、そんなのは全然問題ない大歓迎。
自宅で保護して次にここに引っ越すとか。

パンダちゃんはちょっと繊細な性格なんですが、
ニノ、オト、ガイは抜群に人慣れしてるので最初のハードルはかなり低いと思われます。
ただ、最低でもケージの中に入ってもらわないといけないと思います。
大きくなってるけどほんとに懐っこくてかわいい子達なので、里親さんが見つかる可能性が高い。

「家で飼えるんだったら初めからそうしろよ」という意見があのご近所達から出てきそうだし、
何より保護したら2度と外猫には戻せないし戻すつもりは一切ありませんが、
自宅にしろもうひとつの候補にしろ、将来まではっきりわからない形で保護に乗り出していいのかわかりません。

ただ、物理的に猫の数が減れば、保護できなかった猫が今よりも
過ごしやすくなるかもしれないと思ってしまうのです。

何より交渉してみないとわからないのですが…。
とりあえず、明日話をしてみます。

いつにもまして支離滅裂な文章ですみません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。