スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございます

08-31,2011

先日はツイッターでもこのブログでも励ましてくださってありがとうございます。
もうほんと嬉しかったです。

あの人たちが寄ってたかって言ってきたことがずっと頭にこだましててですね、
(特に元エサやりの超勝手な言い分がものすごく腹立たしい)
それに対する怒りやら悔しさやらが体中を巡りに巡って溜まって、
なんか身体の中で毒を生成してる感じになってきてます(苦笑)。
どうも私は無表情でやたらため息をついてるらしいです。
…見てる人は怖いだろうな…。

今日の午前中に愛護センターとCON(ホームレス猫不妊手術ネットワーク)の方が
市内の状況についての会合があったようで、
その話し合いの折に担当の方が私の話を出してくれると言ってくれました。
「その後の連絡を入れます」と言われたけど…なかったな(苦笑)。
担当の方がお忙しいようなので仕方ないか…また電話して聞いてみます。
何度もセンターの方に相談した方がよいとのアドバイスもいただきましたので、
これからは定期的に状況報告してみます。

で、問題のパンダちゃんとこですが…。
基本的に「エサをやるなら移動しろ」とのことなので移動させてます。
(私がやってることはよくないだろうけど…)

昨日は一応パンダちゃん、オト、ニノ、ガイは私の家のガレージまでやってきました。
(ガイ以外は3月に私の家のところまで数度やってきているのであんまり抵抗はなさそう)
遅れて仔猫(黒)が1匹。
今日はニノとガイ、仔猫が2匹。
パンダちゃん達はガレージまで来ませんでした。

私の家まで人や車のよく通る道を渡らないといけないので、
私がいるとわかっても他のニャンコ達は移動しません。
そりゃテリトリーが違うもんなぁ。
パンダちゃん達は食べたら当然元の場所に戻るし。
(私がガレージにいる限りはいるけどいなくなったら戻る)
メイちゃんやウィル、一番ちっちゃい仔猫は何度誘導しても無理でした。
空腹よりも場所移動への警戒心が勝つ。
警戒心の方が強くないと外では生きていけないもんね…。
お腹空いてるだろうに…。

迎えに行った時に近所の人が出て来てて「猫がおるわー!」なんぞ言ってました。
「エサ場は移動しますがこの子たちのテリトリーはここなので戻ってきますよ」と説明したろうが。

しかも、私が来ないから仔猫がずーっとニャーニャー鳴いてるんです。
仔猫たちが新しいエサ場に馴れるまではこの状況だし猫の存在感がさらに増すと思うんですが、
その辺どう受け入れるんだろう。

うちの親の視線を抜きにすれば、この子たちが私の家でのご飯に馴れて、
元の場所に戻るとしても食後のトイレもここでやってくれると助かるんだけどなぁ。

今日「猫がここにもおるわ」と憎々しげにつぶやいてた人がいたんですけど、
その人が持ってた鍵にいくつかついてるキーホルダーに猫のものがついてました。
嘘みたいだけど本当。
そのかわいらしい猫とここにいる子は同じ動物なんですけど、
その辺りはどう区別付けてるんだろう。

あーもうほんとに保護出来る家が欲しいです。
地域猫がうまくいってないからとかではなく。
私がいない間の時間どう過ごしてるんだろうとか
怪我をしてないか事故に遭ってないか心配する必要もないし。

そんなお金があるかどうかは別として、私みたいな立場で借りれるところあるのかな。
宝くじに頼るしかないよなぁ(涙)。
スポンサーサイト

限界です

08-29,2011

猫たちのために頑張らないといけないけど、限界です。


トイレの設置なんて猫が集まるから無理なんだと。

パンダちゃんとこの元エサヤリさん含めたご近所数人からエサヤリ禁止が出ました。
他にも色々言われました。


TNRを説明しても理解なんざしてくれない。
そんなことはご近所の皆さま方にとっては無関係なことらしいです。

半年以上お金も時間もつぎ込んで頑張ってきたけど、単なる大迷惑な人だったみたいです、私。
それくらいの理解どまりです。

私のやり方が悪いんですか。
私の説明が足りないんですか。

自分ちに来てる猫たちじゃないのに手を出したのがいけないんですか。

家族の理解も得られず保護もできない私が関わってはいけなかったんですか。
保護できる家を借りられるくらいの財力があればよかったんですか。


移動させてご飯をあげることは出来るけど全部の子が来るわけじゃない。
来ても大半は元の場所に戻っていくから何の解決にもならない。

元エサヤリさんも、気が向いたらエサあげて(パンダちゃんの子どもがあのまま産まれてて)増えたらハイサヨウナラって人みたいでした。

空き地のエサやりさんもそんなタイプですがね。

わかってはいたんですが、実際に本人の口から聞くとがっかりです。
かわいそうだけどごめんね…とか言って死んでくれるのを願うんですね。


怒りと悔しさと絶望とでどうにかなりそうです。

オラに元気をわけてくれ

08-26,2011

また間が空いてしまいました。
一時期はほぼ毎日更新してたのに…うう。
前期の仕事がようやく終わりました。
バタバタしてる間にセミの鳴き声も聞こえなくなり。
盛りの時期は、短い命を終えようとするセミをニャンコ達がおもちゃにしておりました。
特にマオはよくブーブークッション遊びをしてました。
地面にいるセミをちょいとパンチ→セミがぶびびびびと鳴く→静かになる→パンチ→ぶびびびび→静かになる→パンチ→ぶびびび

この無限ループでした。

…セミよ、ごめん。

ブログ書いてない間もご近所はまぁ相変わらずです。
家と家の隙間にあったニャンコのうんち取ってたら怒られたりねー。
パンダちゃんとこのエサやりさん(元エサやりさんと言った方がいいかも)が、猫トイレじゃなく猫よけグッズ置いたりねー。

問題はこの地域です。

くーやさわがいる空き地がない分、ここはしんどいです。
狭い分余計に猫の数が目立つ。

時間や予算を考えなければ、捕まえてリリースは一番簡単なんですよね。

ご近所さんは「手術は大歓迎」と言うのに、その後の管理に関しては「話が違う」的な言い回しをしてくるんですよね。
きっとどこの地区もそうなんだろうな。

トイレを置いたら解決する問題もあるのに、それをしないなんてアホちゃうかと。
元エサやりさんなんてテレビで地域猫特集を見たらしいのにトイレ置かないんだぜー。
トイレを置かないエサやりは空き地のとこも一緒だけどな。

もうほんとに腹が立ちます。
あと、強烈な虚しさ。

ブログでは威勢よく書いてますが、パンダちゃんとこの現場にひとりで行く時の気持ちはふさぎぎみです。今日もまた何か言われるかな、とか、言われなくても鬱陶しい目で見られるんだろうな、とか、色々キツいです、正直。

パンダちゃんのとこに行くのは気が重かったりするんですが、つらくてしんどいから行かないという選択肢は私の中で存在していません。

愛護センターからCONへの連絡は月曜日の時点でまだでした(催促しました)。

センターやCONが動いてくれる前にひとりでやらなきゃ行けないことがあるんですが、ご近所に立ち向かう気力がないような感じです。

そんなこと言ってないで、ニャンコたちのために頑張らないといけませんね。

あと、シロですが、利尿剤の効果はないような状況です。
腹水ですが、もしかしたら肝臓が原因かもしれません。
それまでの血液検査でも肝臓の数値は調べてたんですが、特に異常はありませんでした。

でも、1週間前に採血した場所が青くなっていて、血が止まりにくくということじゃないかしらということで、それまで項目に入れてなかったアンモニアを調べると、これだけ数値が標準値を超えてました。
(Max76が101ありました)

ですので、月曜にもう一度詳しい検査をします。
12時間絶食して採血、食餌後2時間してまた採血し、その間のアンモニアの数値を見るというものです。 一旦利尿剤は中止です。

…少し前から雨が降ってきたんですが、すごい激しい。
ゲリラ豪雨っぽい。

どうかニャンコ達が雨宿りできてますように!!

ニャンコたち

08-18,2011

パソコンがどうにも調子よくありません。
すぐフリーズしてしまう…。
ご近所さんは相変わらずなので、ニャンコ達のことを。

空き地グループはぼちぼち過ごせてます。

何日か前にレオンがイーモンに鼻タッチ挨拶をしたっていうビッグニュースもあったんですが、すぐレオンが「ヴニャアア…と唸り出しました(笑)。

2匹の距離は縮まってきてる…と前に書いたような気もしますが、その直後大ゲンカしてたしな(苦笑)。

2匹が戦闘モード(基本イーモンは及び腰)に入るかなと思う時は、間にでんっと足を差し入れます。
んで、私が割り込む。
レオンをブロックしてる間に、イーモンが逃げるという感じです。

私が行くとみんなご飯が欲しくて集まって私にスリスリしてくるので、この時が一番2匹が接近することが多い。
ご飯を置くとたまにこの2匹が同じ皿のご飯食べようとしてヒヤヒヤしたりすることも(笑)。

パンダちゃんとこは仔猫3匹がここ2日揃って顔を出してます。
ママの姿が全然見えません。
サッちゃんのことを思い出して不安です。

このママ、ほんと小柄なんです。
痩せてたし、心配だなぁ…。

チビたちは黒(大)黒(中)サビ(小)なんですが、まーこのサビの子が超気が強い強い。

フーシャー言いながらご飯食べてます。
黒ズ(特に大)は他の猫に興味津々。
猫じゃらしを出したら、大は遊んでました。
ただ、ニノとオトがじゃらしにものすごく反応するので、ちょいビビリ気味。
パンダちゃんはたまにやってくる他の猫達があまりお気に召さないみたいですが、自分がちゃんとご飯食べれたら問題ないみたいです(笑)。
ご飯前は息子のニノとオトにまでフーシャー言ってますから。
満足したらお腹見せてリラックスしてます。

ウィルはここ2日来てます。
ご飯食べた後じっと待ってるから何だろうと思ったら、どうも撫でて欲しかったみたいで。
ナデナデしたらお腹見せてきました。
お腹撫でても平気な感じです。
甘えた君かも。

チョビヒゲは3日姿を見てません…。
メイちゃんは時々。
白毛長毛の子は滅多に。

首輪チャトラは大人しくなってきてますが、触ることはできません。
ダメ元でも首輪に連絡先ないか確認したいんだけどなぁ。

スープタイプのフードを食べました。
暗くてわからないんですが、歯槽膿漏になってるんじゃないかと思ったり。

ニャンコ達、かわいいです。
っていうか、かわいくない子がいない!

TNRはとまってます。
母の入院から始まって今月の私の出費がほんとすごいの…ううう。
お給料が入ったら再開します。
秋の繁殖シーズンが始まってしまうしね…(涙)!

なんだかねー

08-14,2011

夏バテ気味です。
身体がだるいし何だか眠気が取れないんですが、起き続ける体力がないからでしょうか。
仕事、ほったらかしー…。
あと、パソコンからすごい音がするんですけど、大丈夫かな…。

あれから毎日来ていたウィルは今日は来ませんでした。
大丈夫だよねぇ…?

あと、ママにゃんと子猫2匹の姿が見えません。心配。
1匹はここ毎日出てきてるんですけどね。
この子がまたすごい大きな声で鳴くんです。
あんなちっちゃい身体からどうしてあんなに大きな声が出るんだろう…。
よく見かける首輪つきのチャトラ、ちょっと体調が悪いような気がします。
私の気のせいならいいんですが心配。
この子はどうすればいいのか迷ってます。
この子は3月からいて、逃げるから見えないけど迷子札関係はなさそうなんです。
迷子猫を探してますという人や迷い猫のチラシは私の知る限り見てません。
通りすがりに話しかけてきて猫を飼ってるという人に写真を見せたりてるんですが、正体不明。
飼い主さん一体誰だよ~…。

TNRを開始した直後に「ここによく糞をされてて困る」と言われた場所があるんです。
パンダちゃんたちがいるところなんですけどね。
今日になってようやくブツを発見しました。
しかもゲリPだった…ううう。誰か体調が悪いのかしら…?
きれいに掃除したんですが、鼻ににおいが残ってます(苦笑)。

この近辺にトイレ置かせて欲しいなぁ…。
同じ場所にうんちをされても、トイレにされてるかどうかで随分印象が違うような気がするんだけど…。
同じ掃除をするなら猫トイレにされたものを掃除するほうが簡単だし衛生的だし、
「こんなとこでされた!」なんて腹も立たないと思うんだけどなぁ。
それは動物を飼ってる私視点なのかしら。
植木にされようがトイレにされようが、そこで猫にうんちをされてることが許せないものかしら。
猫がいるのはいいけどフンは嫌っていっても、生きてる限りどんな生物も食べて出さないといけないし…。

あれから

08-11,2011

【8/11に見なかった子】チョビヒゲ、メイちゃん、ママニャン、子猫2匹

シロの検査に行って来ました。朝に預けて夕方お出迎え。
心臓と腹腔内のエコーで12時間の絶食が必要でした。
夜の9時から絶食。
そのせいか今朝は5時半に「ご飯ちょーだい」攻撃をされました。
昨夜は久しぶりに読書スイッチが入って3時まで読書していたので、意識朦朧(笑)。
病院に連れていくまでずーっと「おなか減った~おなか減った~」と鳴いてました。
ごめんよ~。

腹水が「変性性漏出液」と診断され、成分分析の結果、細胞はあるものの腫瘍の可能性は低いと出たので、
おそらく心臓由来のものだろうと事前に言われていたんですが…
(心臓に異常があると肝臓の血管が太くなってそこから水が出るらしい)

結局、腹水の原因はわかりませんでした。

心臓肥大は進行しているものの(昨年10月の0.65mm→今回0.78mmm)、
腹水の原因となるような数値ではないし、肝臓も特に問題ないし腎臓も変わりないし、
原因がよくわからん…ということです。
腹水がかなりの量があるためかなり胸が押し上げられてるみたいです。
ですので、腎臓の影響を考えて最低限の利尿剤を服用して1週間様子を見ることになりました。
うまく作用すればいいんですがね…。

午後に愛護センターに電話しました。ようやく…。
状況を話したところ「TNR開始前にセンターの職員が話に行くことが多いんですけどね…」と。
私、一番最初のチラシを配ってる最中に電話したんだけどなぁ(苦笑)。
その時に「町内会会長さんに連絡をしておきますね」と言われ、会長さんの名前や住所を告げたはず。
妊娠中の子がたくさんいて猶予もないということで、そこから(私的には)怒涛のTNRを開始して、
なんだかんだで今に至るという感じでした。

今回も「話を聞いてもらえるだけかなぁ、今後何回も連絡入れないとダメかなぁ」と思ってたんですが、
尼崎のCON(ホームレス猫不妊手術ネットワーク)の代表者の方と、今回対応してくれた職員さんと私で
一度現場視察して、それから会長さんのところに交渉しに行くということが決まりました!

今はちょうど助成金申請の時期でCONも愛護センターも忙しいので、
いつになるかはわかりませんし、うまくいくかもわかりませんがちょっと進展した感じがします!

私自身としては助成金は二の次なんですよね…。
いや、活用できればそれに越したことはないですけど、
助成金制度を何が何でも利用したい!とは思ってはいません。

猫たちがお腹を空かせることなく、清潔なトイレを使えて
怪我や病気になればきちんと治療を受けられて、
暑さや寒さや雨風がしのげて、「里親さんが見つかるまで」大事にされたらいいなぁと思うのです。
一番難しいのはわかってるんですけどね…。
地域の何人かがほんの少し気にかけてくれるだけで、猫たちの生きる環境は随分と違うと思うんですが。

できれば猫たちは地域猫として一生を終わらせたくありません。
目標は「幸せな内猫」です。
里親募集もきちんとできてないくせに(人にまかせっきりにしてるくせに)何をという感じですが、
やっぱり家で飼われる方が幸せです。外の生活は過酷です。
猫たちに関われば関わるほど愛情が増し、外暮らしは辞めさせたいと思うようになりました。
私自身の生活環境が変われば自分の子にしたいとも思っています。
理想を言えば全員。
でも、まぁこんな風に考えるのはよくないかもしれないなとは思いますが、ね…。

とりあえず、うちのニャンコ達をいっぱしの「地域猫」にしないと始まりませんので、
それに向けて頑張ります!
(職員さんに「あなた一人でやってるなら『地域猫』ではないですね…」と言われてしまいました。確かにそうだ)

そうそう、今日ちょっと嬉しいことがあったんです!
パンダちゃん達にご飯をあげてたら、どだだだだっと突撃してきたニャンコが!
ビックリしたんですがよく見ると、なんとまぁウィル君じゃないの!
生 き て た ~~~!!
どこかで事故に遭って死んでしまってるかもしれないと思ってたんですが、ほんとよかったです!
お腹が空いてたのかがめつくなってました(笑)!

それと、これはつい最近の話なんですが、パンダちゃんが私にスリスリしてくるようになったんですよぅ。
あの捕獲時のトラウマを抱え繊細で臆病なパンダちゃんがですよ(笑)!
しゃがんでると私のお尻にスリスリしてくる子がいるなぁ、甘えん坊のガイかオトかしら?と思って
振り向いたらパンダちゃんでした。
パンダちゃんはスリスリしてしまう自分自身にビックリしてるようでした。
撫でるところまではいかないんですが(ただ、ご飯を食べてる最中はちょっと撫でさせてくれる)、
私の指をペロペロ舐めてくれたりはします。
かわいいです~。

昨夜は私の家の2軒隣で小火があって、消防車・救急車・パトカー、
あと大勢の野次馬たち(わざわざ遠くから自転車に乗って見に来る人も)で騒然となる中、
ニャンコ達がプチパニック状態になったことがあったんです。
その時私は空き地にいたんですよね。
野次馬が私の家を指さしてた(ように見えた)ので、一瞬ドキッとして戻ったりもしたんですが。
ニャンコ達の性格が出てて面白かったですよ。
まだニャンコ達がご飯を食べてる最中の出来事だったんですが、

仲の悪いレオンとイーモンが同じ車の下に潜り込みました(笑)。
目を離した隙にレオンは別の場所に移動したんですが、イーモンはまだ車の下。
ご飯が残ってるお皿を目の前に置いてやると、それを食べてから(笑)どこかに行きました。
さわも同じ車の下に潜ったんですが、しばらくすると出てきて優雅に毛づくろい。で、寝た。なんちゅう大物。
くーちゃんはエサやりさんが家から出てきた時にこっそり家に入っていって(エサやりさん気付かない)、
マオは隠れずにしばらくびゅんびゅん走り回ってました。
パニックになってわざわざ野次馬が多いところに逃げ込もうとしたり。
まぁ、しばらくすると我に返って落ち着いてましたが(笑)。
リョウはどこか遠くの車の下に隠れてたようです。

ああ、猫ってほんとかわいいですね~~!!

あ、小火自体は大したことはありませんでしたよ。怪我人もなし。
でも、家全体に放水したみたいで家の外も中もびちょびちょにはなってましたけどね。

ふう

08-08,2011

前回のやさぐれ日記から大分間が開いてしまいました。
(たぶんこの時が疲れと苛立ちのピークだったと思います)
ツイッターではぼちぼち呟いていたんですが、
8月4日に弟が真珠腫中耳炎というもので入院しまして(これは前から決まっていたもので手術あり)、
結局一番時間のある私が動き回ってました。ううう。
今日弟も退院して何とか平常運転に戻れそうです。
停滞してる仕事も再開しないとなぁ…。

そんなこんなでバタバタしていてトイレの設置もまだです。
愛護センターに相談の電話も入れようと思っていたんですが延び延びに。
明日か明後日には必ず電話を入れてみます。

うちのシロですが、腹水はおそらく心臓由来のものだろうということです。
木曜に超音波検査をします。
念のため腹腔内診てもらうので12時間の絶食と相成りました。

外のニャンコ達ですが、前回の日記に書いた白いニャンコは時々しか姿を見ません。
妊娠してるかどうかはやっぱりまだわかりません。

心配なのはチョビヒゲとウィル。
ウィルはもう1週間くらい姿を見ていないことになります。
チョビヒゲは3日。

3~4日前にさわちゃんが咳をしてました。
ケヘッケヘッという咳をを連続で何回も。
続くようなら心臓疾患を疑わないといけないなと思い、
動画撮影をして先生に見せようと思っていたんですが、
昨日と今日は咳はしていませんでした。
一過性のものであることを祈ります。


ウィル君。
7月半ばの写真で、クレームを受ける前のものです(苦笑)。
背中がハゲてたんですが、すっかり生えて毛艶もよくなってました。
ハゲは栄養失調のせいだったのかなぁ。
賢く人懐こい子です。長い尻尾の持ち主です。
戻ってきてくれたらいいのですが…。
DSC00862ウィル

昨日のさわちゃん。なんか微笑んでない(笑)!?
さわDSC00919
距離感は捕獲失敗前くらいまでに戻ってきました。
食欲もほぼ元通りです。
咳がこのままなくなりますように。
7日にレボリューション滴下。
(滴下後は睨まれました・笑)

昨日のレオン。
DSC00912レオン
DSC00913レオン
右前脚にちょっと怪我をしてます。

手術したメイちゃんは昨日は姿を見せてくれました。
食欲もあるし、貧血の心配はあんまりしなくても大丈夫そうです。

ママニャン一家も来たり来なかったり。
ちび黒1匹がちょっと私に興味を持ってる感じです。

心配事はたくさんあるし、相変わらずご近所さんにイライラすることは多いですが頑張ります!
とりあえず、愛護センターに連絡してみます!

負けるもんか!

家族にも愚痴や泣き言を吐けませんので(「やめろ」と言われるのがオチですので・涙)、
その分煮詰まりまくった愚痴をここに書いてしまって不快かもしれませんが
どうかご容赦のほどを(苦笑)。


メモ
6/26ガイ、オト、くーにレボ
(この3匹こんな前だったっけ!?早く2回目しないと)
8/1リョウにレボ
8/6イーモンにレボ
8/7さわちゃんにレボ
8/8レオンにレボ

嫌だ嫌だ

08-01,2011

今日も携帯からです。
もう少ししたら元の写真入りのブログに戻れると思うんですが。
あと言葉遣いが荒くなりそうなので先に謝っておきます。すみません。

猫のトイレをひとつ設置させてくれそうな所が出てきました。
幼稚園から高校まで同級生だった子の家です。

おばちゃんと立ち話をしてたんですが。
「一人でするのはやっぱり限界があるんとちゃう?」と言われました。
おばちゃんは地域猫賛成派だそうで、テレビでそういう特集を組んでると見てるそうです。
いわく「そういうのが盛んなところはボランティアの人が何人もいてチームでやってるみたいやし…」と。
私も当初は、くーちゃん達空き地グループとパンダちゃん達のグループの2組のエサやりさんが協力してくれると思ってました。

空き地グループのおばちゃんはこのブログで再三再四書いてるようにあんな人だし(苦笑)、パンダちゃんとこのエサやりさんはこの間「野良猫がおしっこやフンをして困る」と言ってくるし、どうしようもない…。
しかも、TNR当初、パンダちゃん達が他の家や庭でトイレをしてるらしいので、置かせてくださいと言ったら、「えー嘘~!」なんて驚いて、「トイレ置かななぁ」と言いつつ、今までズルズル延ばしてきて、挙げ句の果てに「おしっこやうんちが困る」って、どういうこと…。
こういうエサやりさんてありですか?
しかもこの人は猫を2匹飼ってるんですよ。
(しかも外によく出してる…)

猫ボラさんの集まりに行って「何人かのエサやりさんとTNRしています」と聞くとものすごく羨ましくて…。

話を戻して、その同級生のおばちゃんですが。
「手伝ってくれる人おらんかなぁ…」って。
今現在町内会で役員をしているようなので、ちょろっと聞いてみたんですが、

町内会会長(以前ブログに書いた人)は猫嫌い。
副会長も猫嫌い。
あそこの誰々さんはすぐに保健所に連絡するし、向こうの誰々さんも大の猫嫌い。

まー、次から次へと猫嫌いの人が出てきます。
あと猫虐待の話。

何となく気づいたのが、猫嫌いの人が多い地域にこそ野良猫が増えるんだということ。
放置して猫たちが死ぬのを待ってる。
時には積極的に殺そうとしてる。
最悪。
野良猫は人間が作り出したものなのに。

「地域猫が出来てるところは羨ましい」と言うおばちゃんも結局進んで関わろうとはしません。
トイレの設置が何とか。
でも、このおばちゃんはまだ理解してくれるほうです。

殺処分されてるワンコやニャンコの代わりに、最低のご近所さん達をお願いできませんかね?

あーもう同じ人間であることが嫌になってきます。
猛烈にやさぐれてますが、実は他にも嫌なことがあったんです。
何かヒントがないかなぁと地域猫にまつわるものを色々検索してたんです。

とあるブログにヒットしまして。
読んでみると、ブログタイトルとは真反対の内容が書かれてました。
猫たちをみな「害獣」と呼び、捕獲して山の中にリリースしてるんです(別場所リリースは犯罪)。
手術はしてるのかな…リリースだけなのかな…処分もしてるんだっけ…どうだったっけ。
あまりにも嫌な感じだったのできちんと読んでないのですが。

煮詰まって愚痴が多くなってます。
ここずっと色々考えてて、一緒に動いてくれる人がいれば少しは風向きが変わるかもしれないと思いましたが…そういう人、近所にいるのかなぁ(涙)。

1日中ニャンコ達のことを考えてて結構ずっしりと心にきてます。
考え過ぎるのはよくないとわかってるんですがね…。
あ、投げ出すことはしませんよ。
ニャンコ達に少なからず信頼されてるのに、一方的に裏切るなんてこと絶対したくありません。

今日はリョウにレボリューションしました。

楽しく猫活動できる日が来るんですかね…?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。