スポンサーサイト

-----,--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オラに元気をわけてくれ

08-26,2011

また間が空いてしまいました。
一時期はほぼ毎日更新してたのに…うう。
前期の仕事がようやく終わりました。
バタバタしてる間にセミの鳴き声も聞こえなくなり。
盛りの時期は、短い命を終えようとするセミをニャンコ達がおもちゃにしておりました。
特にマオはよくブーブークッション遊びをしてました。
地面にいるセミをちょいとパンチ→セミがぶびびびびと鳴く→静かになる→パンチ→ぶびびびび→静かになる→パンチ→ぶびびび

この無限ループでした。

…セミよ、ごめん。

ブログ書いてない間もご近所はまぁ相変わらずです。
家と家の隙間にあったニャンコのうんち取ってたら怒られたりねー。
パンダちゃんとこのエサやりさん(元エサやりさんと言った方がいいかも)が、猫トイレじゃなく猫よけグッズ置いたりねー。

問題はこの地域です。

くーやさわがいる空き地がない分、ここはしんどいです。
狭い分余計に猫の数が目立つ。

時間や予算を考えなければ、捕まえてリリースは一番簡単なんですよね。

ご近所さんは「手術は大歓迎」と言うのに、その後の管理に関しては「話が違う」的な言い回しをしてくるんですよね。
きっとどこの地区もそうなんだろうな。

トイレを置いたら解決する問題もあるのに、それをしないなんてアホちゃうかと。
元エサやりさんなんてテレビで地域猫特集を見たらしいのにトイレ置かないんだぜー。
トイレを置かないエサやりは空き地のとこも一緒だけどな。

もうほんとに腹が立ちます。
あと、強烈な虚しさ。

ブログでは威勢よく書いてますが、パンダちゃんとこの現場にひとりで行く時の気持ちはふさぎぎみです。今日もまた何か言われるかな、とか、言われなくても鬱陶しい目で見られるんだろうな、とか、色々キツいです、正直。

パンダちゃんのとこに行くのは気が重かったりするんですが、つらくてしんどいから行かないという選択肢は私の中で存在していません。

愛護センターからCONへの連絡は月曜日の時点でまだでした(催促しました)。

センターやCONが動いてくれる前にひとりでやらなきゃ行けないことがあるんですが、ご近所に立ち向かう気力がないような感じです。

そんなこと言ってないで、ニャンコたちのために頑張らないといけませんね。

あと、シロですが、利尿剤の効果はないような状況です。
腹水ですが、もしかしたら肝臓が原因かもしれません。
それまでの血液検査でも肝臓の数値は調べてたんですが、特に異常はありませんでした。

でも、1週間前に採血した場所が青くなっていて、血が止まりにくくということじゃないかしらということで、それまで項目に入れてなかったアンモニアを調べると、これだけ数値が標準値を超えてました。
(Max76が101ありました)

ですので、月曜にもう一度詳しい検査をします。
12時間絶食して採血、食餌後2時間してまた採血し、その間のアンモニアの数値を見るというものです。 一旦利尿剤は中止です。

…少し前から雨が降ってきたんですが、すごい激しい。
ゲリラ豪雨っぽい。

どうかニャンコ達が雨宿りできてますように!!
スポンサーサイト

なんだかねー

08-14,2011

夏バテ気味です。
身体がだるいし何だか眠気が取れないんですが、起き続ける体力がないからでしょうか。
仕事、ほったらかしー…。
あと、パソコンからすごい音がするんですけど、大丈夫かな…。

あれから毎日来ていたウィルは今日は来ませんでした。
大丈夫だよねぇ…?

あと、ママにゃんと子猫2匹の姿が見えません。心配。
1匹はここ毎日出てきてるんですけどね。
この子がまたすごい大きな声で鳴くんです。
あんなちっちゃい身体からどうしてあんなに大きな声が出るんだろう…。
よく見かける首輪つきのチャトラ、ちょっと体調が悪いような気がします。
私の気のせいならいいんですが心配。
この子はどうすればいいのか迷ってます。
この子は3月からいて、逃げるから見えないけど迷子札関係はなさそうなんです。
迷子猫を探してますという人や迷い猫のチラシは私の知る限り見てません。
通りすがりに話しかけてきて猫を飼ってるという人に写真を見せたりてるんですが、正体不明。
飼い主さん一体誰だよ~…。

TNRを開始した直後に「ここによく糞をされてて困る」と言われた場所があるんです。
パンダちゃんたちがいるところなんですけどね。
今日になってようやくブツを発見しました。
しかもゲリPだった…ううう。誰か体調が悪いのかしら…?
きれいに掃除したんですが、鼻ににおいが残ってます(苦笑)。

この近辺にトイレ置かせて欲しいなぁ…。
同じ場所にうんちをされても、トイレにされてるかどうかで随分印象が違うような気がするんだけど…。
同じ掃除をするなら猫トイレにされたものを掃除するほうが簡単だし衛生的だし、
「こんなとこでされた!」なんて腹も立たないと思うんだけどなぁ。
それは動物を飼ってる私視点なのかしら。
植木にされようがトイレにされようが、そこで猫にうんちをされてることが許せないものかしら。
猫がいるのはいいけどフンは嫌っていっても、生きてる限りどんな生物も食べて出さないといけないし…。

嫌だ嫌だ

08-01,2011

今日も携帯からです。
もう少ししたら元の写真入りのブログに戻れると思うんですが。
あと言葉遣いが荒くなりそうなので先に謝っておきます。すみません。

猫のトイレをひとつ設置させてくれそうな所が出てきました。
幼稚園から高校まで同級生だった子の家です。

おばちゃんと立ち話をしてたんですが。
「一人でするのはやっぱり限界があるんとちゃう?」と言われました。
おばちゃんは地域猫賛成派だそうで、テレビでそういう特集を組んでると見てるそうです。
いわく「そういうのが盛んなところはボランティアの人が何人もいてチームでやってるみたいやし…」と。
私も当初は、くーちゃん達空き地グループとパンダちゃん達のグループの2組のエサやりさんが協力してくれると思ってました。

空き地グループのおばちゃんはこのブログで再三再四書いてるようにあんな人だし(苦笑)、パンダちゃんとこのエサやりさんはこの間「野良猫がおしっこやフンをして困る」と言ってくるし、どうしようもない…。
しかも、TNR当初、パンダちゃん達が他の家や庭でトイレをしてるらしいので、置かせてくださいと言ったら、「えー嘘~!」なんて驚いて、「トイレ置かななぁ」と言いつつ、今までズルズル延ばしてきて、挙げ句の果てに「おしっこやうんちが困る」って、どういうこと…。
こういうエサやりさんてありですか?
しかもこの人は猫を2匹飼ってるんですよ。
(しかも外によく出してる…)

猫ボラさんの集まりに行って「何人かのエサやりさんとTNRしています」と聞くとものすごく羨ましくて…。

話を戻して、その同級生のおばちゃんですが。
「手伝ってくれる人おらんかなぁ…」って。
今現在町内会で役員をしているようなので、ちょろっと聞いてみたんですが、

町内会会長(以前ブログに書いた人)は猫嫌い。
副会長も猫嫌い。
あそこの誰々さんはすぐに保健所に連絡するし、向こうの誰々さんも大の猫嫌い。

まー、次から次へと猫嫌いの人が出てきます。
あと猫虐待の話。

何となく気づいたのが、猫嫌いの人が多い地域にこそ野良猫が増えるんだということ。
放置して猫たちが死ぬのを待ってる。
時には積極的に殺そうとしてる。
最悪。
野良猫は人間が作り出したものなのに。

「地域猫が出来てるところは羨ましい」と言うおばちゃんも結局進んで関わろうとはしません。
トイレの設置が何とか。
でも、このおばちゃんはまだ理解してくれるほうです。

殺処分されてるワンコやニャンコの代わりに、最低のご近所さん達をお願いできませんかね?

あーもう同じ人間であることが嫌になってきます。
猛烈にやさぐれてますが、実は他にも嫌なことがあったんです。
何かヒントがないかなぁと地域猫にまつわるものを色々検索してたんです。

とあるブログにヒットしまして。
読んでみると、ブログタイトルとは真反対の内容が書かれてました。
猫たちをみな「害獣」と呼び、捕獲して山の中にリリースしてるんです(別場所リリースは犯罪)。
手術はしてるのかな…リリースだけなのかな…処分もしてるんだっけ…どうだったっけ。
あまりにも嫌な感じだったのできちんと読んでないのですが。

煮詰まって愚痴が多くなってます。
ここずっと色々考えてて、一緒に動いてくれる人がいれば少しは風向きが変わるかもしれないと思いましたが…そういう人、近所にいるのかなぁ(涙)。

1日中ニャンコ達のことを考えてて結構ずっしりと心にきてます。
考え過ぎるのはよくないとわかってるんですがね…。
あ、投げ出すことはしませんよ。
ニャンコ達に少なからず信頼されてるのに、一方的に裏切るなんてこと絶対したくありません。

今日はリョウにレボリューションしました。

楽しく猫活動できる日が来るんですかね…?

心配だらけ

07-29,2011

今日も携帯からです。
今はうちの母がPCのある部屋で寝起きしてるので、夜になるとなかなか使えなくて…。

メイちゃんは水曜に退院しました。
お腹には4匹の赤ちゃんがいたそうです。
はーごめんよ。
こうするしかないと思っても辛いです。
また新たに天国に送ってしまった子猫達のためにも、頑張らないといけませんね。

ウィルスチェックは問題ありませんでしたが、貧血気味だそうです。
おそらく出産後すぐに妊娠したせいだろうと。
栄養状態もよくない中で妊娠・出産・また妊娠ですもんね…過酷すぎる…。

1~2週間後にまた病院です。
連れて来られなくても、きちんと食事が取れていればまぁ大丈夫でしょうとのこと。

リリースしたら走って逃げて行ってしまったので、またここに来るか心配だったんですが、とりあえず空き地のニャンコ達の様子を見に行ってから戻って来たら、メイちゃんが来てました。
缶詰めもほぼ完食。
とりあえずあまり心配する必要はなさそうです。
今日(金曜)も来てたし、そこまで警戒されてないようです。よかった。

昨日と今日、白の長毛の子は来てませんでした。
が、今日、とうとう子猫たちとパンダちゃん達が合流。
ニノやオトが興味深げに子猫(しかも黒)を眺める様子は微笑ましいものでしたが、これから先が大変だねぇ…。


あと、空き地で新たにやって来たニャンコが。
たぶんこれからもやって来そうです。
男の子か女の子か、女の子なら妊娠してるのかどうかが気がかり。

でもね!よいニュースもあるんですよ。
マー君とやよいちゃんが里親さんのもとで幸せに暮らしてるということ。
2匹ともふっくらしてきてるんですって。
人嫌いになってたやよいちゃんも徐々に元の人懐こさを取り戻しつつあるそうです。やったー!
これから先は幸せしかないね。
長生きしてこれまでの分を取り返すくらい楽しく元気に過ごしておくれ。

あと、病院に掲示中のくーちゃん里親募集ポスター。連絡先を記したものを持って帰った方がいるそうです。
今はワンコを飼ってるそうですが、もともと猫飼いさんで「この子飼いたいなぁ」って言ってたそうです。今はそのワンちゃんが病気になってしまったので、検討中だそうですが、感触としては悪くない感じのようです。
でもまぁくーちゃんのことはさておいて、そのワンちゃんの病気が早く治るといいなと思います。


うちのシロ、昨日が月1度の通院日だったんですが、お腹に水が溜まってるのがわかりました。
乳ガンの手術以来、毎月定期検診に行っててよい状態を保ってたのに、ここに来て腹水とは…。
体重は増加傾向にあって、まぁ食欲があるのは健康の証拠ですけど、ダイエットもしましょうね、という感じだったんですよ。
食事量を減らしてるのに増えてるのは、うちの親がこっそり色々やってるからだと思ってたんですが…まさか…。

半年振りのレントゲンでこれはおかしいとなって、超音波で見たところ、腹水だと判明。
水の中の蛋白と細胞数から考えて変性性漏出液というものに分類されるそうです。
原因は様々あるんですが、シロの場合、心臓か腫瘍の可能性が高いみたいです。しかも、レントゲンでは心臓の大きさは以前と変わってないようなので、もしかすると腫瘍の方か…。
ちなみに血液検査は特に問題ありませんでした。

何にせよ詳しい成分検査が終わってからですが…心臓も腫瘍もどちらも嫌です。心配…。

うちのシーちゃんだけじゃなく外の子達も心配で。
自分が病気になった方がよっぽど楽です。

愚痴です

07-26,2011

どうもご無沙汰です。
ツイッターでは時々呟いてたんですが、PCでブログを書く時間がありませんでした。
それと、今回のは携帯から書いてるので読みにくいかもしれません。

母は21日に退院しました。最終的についた病名が「たこつぼ型心筋症疑い」「急性心筋炎疑い」「消化器官炎症疑い」と
確定診断できない軽いものだったんですが、心電図を見るとCCUの患者さんと一緒だそうです。
まぁ元気にしてますが何かにつけて「心臓に悪いわぁ」というのが口癖になりました(苦笑)。

さわちゃんですが、あれからずっと出てきてくれています。
2日ほどはあんまり食べなかったんですが、その間色々試したらシーバのウェットを全部食べてくれました。
それがきっかけになってかご飯の量も安定しています。
ご飯前はスリスリしてくるんですが、食べ終わると結構な距離を空けます。
ご飯後に近づくと警戒しますが、どこかに行ってしまうというわけではありません。
さわちゃんとの心の距離が数ヶ月前に戻ったという感じでしょうか。
冴えない顔をしているように見えるんですが、私を警戒してるせいかもしれませんし、ご飯も食べてるのでこのまま様子見ということにしてます。

それと、20日のことですが、ご近所さんから猛反発を受けました。
チョビヒゲとウィルと親子猫がいた場所です。
チラシ配りも十分に出来ないままだったところです。「エサをやるんなら連れて帰れ」
「飼えないならやるな」
「エサをやるなんて皆迷惑に思ってる」
「周りのことを考えないあんたは最低の人間」
「私は庭や植え込みにフンをされても掃除してる。これがボランティアで、あんたがやってるのは自分勝手」
「手術したいんなら勝手にすれば」
「手術するんやったら今すぐ全部連れて行け」
「うちの主人が帰ってきてたらもっと怒ってる。あんたなんか殴ってるわ」
「そんなに猫が好きなら全部飼えばいいやん。何で飼わんねん」
「ほんまにあんた最低や」とかとか。

いやー帰って思いっきり泣いてしまいました。
腹が立ったし悔しいし何より傷ついたしで、今でも傷は深いです。
結局そこに行くのはやめました。
あの子達のことが気になってはいたんですが、やっぱりニャンコ達は私がやって来る方向を見てたわけですね。
しばらくしてウィルと親子猫はパンダちゃん達がいる近くまで来るようになりました。
チョビヒゲは昨日は見たんですが、今日は出てきませんでした。

実はその猛反発を受ける直前にお腹の大きい子が出てきてたのです。
今すぐ捕獲するかどうしようか迷っていた矢先のことだったので、かなり気になっています。

それと、この奥さんの言い分で腹が立ったことがありました。
フンを掃除してるという話の中で、「野良猫の中に昔飼ってた猫の子孫がいてるから嫌々やけどやってあげてる」というようなことを言ってたのです。だからボランティアだと。
その子を責任持って飼わなかったこと、その子が野良猫になった場合どういうことが起きるのか想像してないこと、それを考えずに野良猫被害で大迷惑してると言ってきたのは腹が立ちました。
フン掃除をしてるのは結局自分のところだけだし。

野良猫達が増えたり野良猫被害って人間のせいなんだなと心の底から実感しました。
ニャンコ達はその状況の中で精一杯生きてるだけ。

それと、このパンダちゃんグループにまた別のニャンコが来るようになりました。
リョウと模様がそっくりな長毛の子(もしかしたら妊娠中かも)と、3月あたりからごくたまに見かけてた色褪せた首輪付きチャトラ。それと、昨日は久しぶりにメイちゃんがやって来ました。

メイちゃんのことは何度か日記に書いたことがあります。
友好的な動物嫌いさんから「子猫がいた」との情報を受けて、
目撃したマンションの管理人さんにも連絡したりして捕獲を考えてた子だったのに、それ以来姿を消したメイちゃんが戻ってきたんです。
…大きなお腹をして。

また赤ちゃんができたことにもショックでしたし、前回生まれた子供達はどうしてるのか、生きてるのかそうじゃないのか考えると胸がふさがります。

とりあえず、メイちゃんは今晩病院に連れて行くことができました。
妊娠疑惑ありの長毛の子はまた捕獲にトライします。

今って出産シーズンですよね。
きっとさわちゃん達がいる空き地にも妊娠中の子が遅かれ早かれやってきそうな気がします。

そういう子がいたら捕獲しますよ。
ニャンコ達が少しでも肩身の狭い思いをしなくてすむのなら頑張りますよ。

でも、いい加減、近所の人達は気づいて欲しい。
私一人じゃ太刀打ちできない数だってこと。
黙認してくれるのはありがたいんだけどさ。
私が好きで始めたことだからそれでもいいと思ってたけど、私の活動を少しでも認めてくれてるのであればカンパじゃなくてもチラシ配りでも何でもいいから手伝って欲しい。
善意で「○○で子猫見たわ」と教えてくれるのはいいけど、じゃあ捕獲ってできないってば。
私の時間もお金も無限じゃないって。

野良猫を減らしたいって気持ちは同じなのにね…。
せめて町内会なりなんなりの公認があればなぁ…。
いくらか動きやすくなるだろうに。

盛大に愚痴ってしまいました。
色々溜まってた時に今日メイちゃんを病院に連れて行こうとしたら、母が「野良猫に関わるのを今すぐやめろ」「野良猫があんたに何をしてくれるんや」「(メイちゃんの)お腹の子を堕ろすのと保健所に連れて行って処分するのと何が違うっていうん。一緒やんか」とまた色々言われました。まぁ、私を心配してのことでもあるんでしょうがね。
昔から猫を飼ってるうちの家でもこんな感じなので、そりゃご近所はあんな態度だわなと思います。

…対人間(うちの家族含む)に効果的なものってないですかね…?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。